みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >ASUSのジョニー・シー会長が語る「禅…

ASUSのジョニー・シー会長が語る「禅」「卓球」「稲盛和夫」(2016.10.27)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも、ZenFoneシリーズがSIMフリースマートフォンとして人気を呼び、知名度が高まっているASUS(エイスース)。今回、『ZenFone 3』『ZenBook 3』などの発表のために来日したジョニー・シー会長に、インタビューする機会を得た。普段持ち歩いているアイテムから、仏教の熱心な信者としても知られるシー会長にとって、禅とは何か。製品のデザインや経営にどう活かされているのかを語ってもらった。

ASUSジョニー・シー会長が語る、禅、卓球、稲盛和夫
ジョニー・シー会長はアジア人の経営者ではまれに見るプレゼン能力を持つことで知られ、発表会も非常に盛り上がる。価格発表の際の「ドヤ顔」も見所のひとつとなっている。

●メモはZenFoneのカメラや「OneNote」を活用

――普段持っているアイテムを見せていただけますか?

「常に身につけているのは、『ZenWatch』、スマートフォンは『ZenFone 3』、PCはもちろん『ZenBook』 3ですね(笑)。車の中では、新聞の気になるニュースをZenFoneのカメラで撮影します。クラウド(OneDrive)にアップして、後でPCでもチェックできるようになっています。メモは、『OneNote』のアプリを使用しています。自分で考え続けていることを繰り返し書いては見直しています。

――たとえばどんなメモが?

「これはプレゼンに必要だと思う要素です。<まずは聴衆を愛する><情熱を持つ><自社の製品に誇りを持つ>などと書いています。プレゼンは原稿も用意しますが、それだけではなく、どうしたら聴いて下さるか、皆さんの近くに行けるか。言葉以外の要素も大事だと思っています。言い換えれば、右脳と左脳のバランスです。もっとも右脳と左脳のバランスが優れていた人物としては、レオナルド・ダ・ヴィンチがあげられるでしょう。マネジメントでもエンジニアリングでも、左脳だけで考えると見失うことがあります」

ASUSジョニー・シー会長が語る、禅、卓球、稲盛和夫
ASUSのキャラクター「禅太郎(英語名Zenny)」のトラベルポーチに小物類をまとめている。「私の持ち物だと一目でわかるでしょう(笑)」

ASUSジョニー・シー会長が語る、禅、卓球、稲盛和夫
「薬は、中国式ののど飴に、日本の風邪薬。時差が大きいアメリカやヨーロッパへ行くときは時差ボケにならないようメラトニンを服用しています」

ASUSジョニー・シー会長が語る、禅、卓球、稲盛和夫
シー会長の『ZenFone 3』。LINEはプライベートでも仕事でも頻繁に使用しているという。

ASUSジョニー・シー会長が語る、禅、卓球、稲盛和夫
「OneNote」にまとめられた「禅」に関するメモ。入力は、スマホとPCの両方で行う。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。