人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.29

男性は要注意!女性を不機嫌MAXにさせる「朝ドキッ」の衝撃度

生理中の女性にとって「多い日の夜」の「経血のモレ」は大きな悩み。朝から「モレ」にドキッとして、不機嫌レベルが上がってしまった…という人もいるのではないでだろうか。大王製紙は、「生理の経血量が多い日の朝、下着や寝具に経血がモレてしまった時のショック」を「朝ドキッ」と定義。女性の「朝ドキッ」に関する意識・実態や「朝ドキッ」のショックが日常生活、さらには恋愛にまで与える影響を調査した。事前調査で1126名に対し、「1年以内に『朝ドキッ』の経験があるか」を尋ねたところ、65%が「ある」と回答。そこで、その悩みを深掘りすべくさらに本調査を実施した。

朝ドキッ

■7割の女性が「朝ドキッ」を経験。その衝撃はすっぴんジャージで好きな人に会うレベル!?

まず「朝ドキッ」の頻度としては、ここ1年以内に「2回以上」と回答した人が全体の74%に当たり、半数近くの女性が1年以内に複数回「ドキッ」としている現状がうかがえる。

朝ドキッ

さらに具体的なシチュエーションを聞くと、「朝起きたとき少しお尻が冷たくて…やばいと思ったときにはもう遅かった!」(21歳)、「朝起きてびっくり。いつもより行動時間が遅れる」(37歳)など、やはり「朝ドキッ」の時、ショックを感じる女性が多いようである。また、「朝ドキッ」のショックのレベルを他のものにたとえてもらった。その結果、「ささいなミスをしたときと同じ」(37歳)という人から、「スッピンにジャージ、女子力最低レベルな格好の日に好きな人とバッタリ会ってしまった時と同じ」(30歳)という人まで様々。レベルの差はあれど、精神的なダメージを受けてしまうことがわかった。

■汚れた下着や寝具を76%が放置…そのストレスで約9割が不機嫌レベル上昇

さらに、「朝ドキッ」が起きた後のシチュエーションを聞いた。その結果、過半数の女性が「汚れた下着や寝具を、洗濯等できないまま放置して出かけた経験がある」(76%)、「下着や寝具についた経血が洗濯後も落ち切らず、捨てた経験がある」(62%)など、ストレスフルな経験をしていることがわかった。

朝ドキッ

そこで、「朝ドキッ」の後のストレスについても尋ねた。まず、「『朝ドキッ』によって朝の不機嫌レベルが上がると思うか」を尋ねると、88%が「上がると思う」と回答。さらに、「不機嫌レベル」の上がり幅としては「50%以上」(63%)と回答した人が6割超という結果になった。

朝ドキッ

■「朝ドキッ」で不機嫌な朝、約4割の女性が「彼氏に冷たく接してしまう」と回答

具体的に「『朝ドキッ』後の不機嫌なシチュエーションにどんなことが起こりうるか」を聞くと、「メイクが雑になる」「『話しかけないでオーラ』を出す」(各40%)、「朝食作りが雑になる」「彼氏に冷たく接してしまう」(各36%)などが上位に。約4割の女性が「朝ドキッ」によって彼氏に冷たく接してしまうほど不機嫌になってしまうようである。

朝ドキッ

中には、「一緒に寝ていた彼氏にモレを見られて不機嫌な接し方をしてしまった」(26歳)、「彼氏といるときは漏れることがこわくて安眠できない」(29歳)という人も。「朝ドキッ」のストレスで大切な彼との間にひびが入らないよう、「モレ」対策の重要性がうかがえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。