人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

達人に学ぶ1日15分の片づけメソッド

2018.03.22
■手紙・はがきを減らすルール

相手の住所がデータベースに
登録されている→処分する
登録されていない→データ化して処分する
特別な思い出があるもの→残す

オフィスの手紙やはがきを処分する判断基準は、データベースに登録してあるかどうか。登録すればすべて捨てられるが、特別な感情があるものに関しては、残しておいてもいい。

■名刺を減らすルール

1ヶ月位内にもらった→保管する

1ヶ月以上前にもらった
顔を思い出せる→今後付き合う→保管する
       →つきあわない→処分する
顔を思い出せない→処分する

名刺は人とコンタクトするためのツール。顔が思い出せない人の名刺は持っていても意味がない。またメールでコンタクトを取れば履歴が残るので、そこで名刺の役割が終わる。ズボラびとのデスクは圧倒的にモノが多い。片付けるためにまずはモノを減らす「整理」をしよう。この作業で失敗しやすいのが、「使うかもしれない」と処分できないこと。そのために重要なのがルールを決めることだ。「使えるか、使えないかではなく、使ったか、使わなかったかでルール決めします。期限は過去半年間を基本に文具は1か月、書類は1年程度が目安です」と小松氏。

 デスクのモノを一度別の場所に移動させ、決めたルールに従って残すか処分するかで分別し、残すモノをもとに戻す。この時にしまう場所を考える必要はない。それは次のステップ「整頓」での作業。「いったん整理だけを行ない、モノの棚卸しをします。1日15分ずつ順番にモノを減らしていけば、しまう場所は同じでも格段にキレイになります。整理している間にもモノが増えていくので、10日くらいで終わらせましょう」

 整理には勇気と決断が大切。上に書類や文具などを減らす基本ルールを記載したので、その内容を参考にして片付け始めてみよう。

★整理まとめ

・片付けのスタート日を決めて実行
・分類するルールをしっかり決める
・15分だけ。無理してやりすぎない

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。