みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >シーズン到来!ディスク型からカマド…

シーズン到来!ディスク型からカマド型、風利用まで「焚き火台」選びのコツ(2016.10.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!◆シンプルなディスク型焚き火台がヒット中 焚き火が恋しい季節がやってきた。 アウトドアショップやホームセンターではいろいろな焚き火台が販売されているが、今シーズンはペトロマックス『ファイヤーボウル』に代表されるシンプルな「ディスク型」と、ロゴス『LOGOS the KAMADO』やユニフレーム『薪グリル』など調理向きの「カマド型」が売れに売れている。 ペトロマックスはご存じの通り、灯油ランタンを発明したドイツが誇る老舗メーカーだ。2006年にジョナス・タウレック社長が就任後、伝統的な灯油ランタンだけでなく、ダッチオーブンやフライパンなど重厚で長く使える焚き火...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。