人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.22

防水、音声操作に対応したGoProの新モデル『HERO5 Black』『HERO5 Session』の実力チェック

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

防水!音声操作対応!新型GoProを徹底解説!『HERO5 Black』『HERO5 Session』【続編】

■Introduction

アプリ編の次は実際の作例を交えた撮影編でしめたい。HERO5にはさまざまなマウントがあって体や乗り物などに装着可能だ。それで実際にうまく撮影できるのだろうか。長野県白馬村でおこなわれたGoProトレーニングセッションでのアクティビティ、フィールドアスレチック、熱気球、SUP、MTBでの実写を交えて、どんな動画と静止画が撮れるのかをご覧にいれよう!

■FIELD ATHLETIC

最初におこなわれたアアクティビティはフィールドアスレチック。と言ってもやるのは地上15mの高さ。そして命綱1本なので落ちれば宙ぶらりん状態である。上にのぼると結構、怖い高さだ。しかも足元は不安定なロープで固定された板かロープのみ。両手を使ってロープにつかまるのでHERO5のボイスコントロールがなければ動画を回しっぱなしにするしかない。また、カメラは『ヘッドマウント』か、『チェストマウントハーネス』を使って固定。私は『HERO5 Black』をチェストに、『HERO5 Session』を『ザ・ハンドラー』に装着して挑んだ。

防水!音声操作対応!新型GoProを徹底解説!『HERO5 Black』『HERO5 Session』【続編】

下から撮影すると当然のことながら、見上げるようなハイアングルでしか撮れない

防水!音声操作対応!新型GoProを徹底解説!『HERO5 Black』『HERO5 Session』【続編】

HERO5を装着すれば、他の参加者と同じ目線で撮影できる。しかもレンズは超広角なので遠近感も強調される

防水!音声操作対応!新型GoProを徹底解説!『HERO5 Black』『HERO5 Session』【続編】

危うい瞬間も手に持った『HERO5 Session』で撮影できた!

防水!音声操作対応!新型GoProを徹底解説!『HERO5 Black』『HERO5 Session』【続編】

下から見ると、こんなに高いのだ。GoProのスタッフは釣り竿のように長いポールを使って動画を撮影中

防水!音声操作対応!新型GoProを徹底解説!『HERO5 Black』『HERO5 Session』【続編】

その動画から切り出してもらったのが、この1枚だ。カメラを上まであげているので、あたかも隣にカメラマンがいて撮影したかのようだ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。