人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.09

「肌の質感が老化する」ってどういうこと?

■連載/オンナは男のココが気になる!

福山雅治さん、藤木直人さん、大沢たかおさん、40代といってもイケメンの男性はたくさんいます。今回は、彼らの若さの理由について、皮膚科医目線で解説してみたいと思います。最近、あらためて実感したことがあります。目の大きさ、シワやシミの量など、老化にはいろんな要素があるけれど、結構大きな影響力で若見え度を左右しているものがあることを。それは、“肌の質感”です。

肌の質感が老化する。

 女性には“色白は七難隠す”という言葉がありますが、言ってみれば、同じようなことが男性にもあてはまるのでしょうね。色白がいいということではなく、肌が全体の印象を左右する、と言う点で。肌は面積も広いですし、上質感、清潔感、若々しさ、いろんな印象を一目で与えてしまう。髪型や服装、表情でどんなに恰好つけても、若ぶってみても、肌がキメ粗、ゴワゴワ、カサカサだと台無しなんです。

 鏡を見て、「そういえば毛穴が目立ってきたかも」「部分的に乾燥しているかも」と思ったら、肌の質感老化はもう始まっていると思った方がよいですよ。それくらいの段階なら、保湿の徹底と紫外線カットで、ある程度進行は阻止しやすいです。

 保湿は、できれば「これ1本」タイプではなく、化粧水の後にクリームかミルクでフタをする2ステップを。水分を先にたっぷり与えた上で油分でフタをするほうが、保湿効果はずっと高いのです。「脂性だから保湿はしない」なんていう方は、老化が早まりますよ。そもそも、うるおい不足だと肌はなおいっそう脂を分泌しますから、過剰な脂抑えのためにも保湿は大事なんです。過剰な皮脂の酸化も、老化につながりますしね。

 そして紫外線カットも、夏だけでなく1年中。紫外線は乾燥にも弾力低下にも直結する強いダメージを与えます。有名人の男性でも、サーフィンやアウトドア系の趣味を持つ方で、「顔立ちは綺麗なんだけど肌はおじいちゃん?」という方、少なくないです。もったいないです!焼きたい方でも、日焼け止めで肌を守りながら焼いてくださいね。

 とはいっても、バランスなんですけどね。目など他のパーツがとても若々しく印象的だったり、生き方や姿勢がハツラツとしてれば、肌の質感は多少枯れていようと、味になることもある。でも正直、それはとてもレアなケースです。そんなパターンを狙うよりは、保湿と日焼け止めで肌の質感を守り、効率的な若見えを目指すことをお勧めします!

 文/今泉明子(医学博士・皮膚科専門医)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ