人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.19

転職コンサルタントが最重視するミドル層の市場価値は「人間性」

 ミドル層の人材に対する企業の採用意欲も高まり、「35歳転職限界説も崩壊した」と言われているものの、ビジネスパーソンが企業から必要とされるためには市場価値を高めておくことが重要になる。

エン・ジャパンが昨年、同社が運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』上で、転職コンサルタント123名を対象に「ミドルの市場価値の磨き方」についてアンケート調査を行なったところ、転職支援のプロである「転職コンサルタント」に「ミドル人材の市場価値の磨き方」についての質問で、転職コンサルタントがミドル人材の市場価値を判断する際にもっとも重視しているのは「人間性」であることが明らかになった。

al201_nomikai1220140830190036_tp_v

 スキルや仕事の成果も重要ではあるものの、それを発揮するために人間性が欠かせないということがわかる結果となっている。また、「人間性」「スキル」「仕事の成果」それぞれの重要なポイントを聞くと、人間性では「変化への適応力」、スキルでは「専門知識」、仕事の成果では「仕事の業績・結果そのもの」となっていることから、環境に適応して経験を活かした即戦力として実力を発揮することが市場価値の高さに繋がると言えそうだ。

■ミドル人材の市場価値を判断する際に転職コンサルタントが最重視しているのは「人間性」

 転職コンサルタントに「『スキル』『仕事の成果』『人間性』のうち、ミドル人材の市場価値を判断する際に一番重視しているポイントは何か」を聞いたところ、もっとも多かったのは「人間性」(41%)という回答結果に。キャリアが重視されると思われがちなミドルの転職においても、「人間性」がもっとも重視されるということがわかる結果となった。

■転職コンサルタントがミドル人材の市場価値を判断する際に重視するのは、環境に適応して経験を活かした即戦力として実力を発揮すること

 ミドル人材の市場価値を判断する際に「人間性」「スキル」「仕事の成果」それぞれの重視しているポイントについて聞くと、人間性では「変化への適応力」(45%)、スキルでは「現在の職種に関する専門知識」(75%)、仕事の成果では「仕事の業績・結果そのもの」(74%)が上位に。環境に適応し、経験を活かして即戦力として実力を発揮出来ることが市場価値の高さに繋がると言えそうだ。また、ミドルという年齢を鑑みると、管理職として活躍出来る素養がある人材が、評価されるという結果も併せて見て取れる。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ