人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ストレスは薄毛の原因になる?男の髪にまつわる都市伝説のウソ・ホント

2016.10.16

◆「スカルプケアや育毛剤はハゲに効く?」・・・・・△

●薄毛予防にスカルプ(頭皮)ケアは効果がないと思う。
【そう思う27.1%、そう思わない72.9%】
●薄毛は育毛剤では改善しないと思う。
【そう思う41.1%、そう思わない58.9%】

 AGAの場合、主要因に男性ホルモンが深く関与していることから、残念ながら「スカルプケア(頭皮ケア)」のみで大幅な薄毛改善を見込むのは正直なところ医学的には厳しいと回答せざるを得ない。しかしながら髪の毛は毛根で作られるため、皮膚炎や炎症から起こる薄毛や血行不良からくる薄毛には、比較的影響があると考えられる。

 毛根の中心部には毛母細胞が存在し、これが分裂し増殖する事で髪の毛は成長する。皮脂の過剰な分泌による汚れや詰まり、乾燥状態は頭皮を弱める原因となり抜け毛や薄毛の大きな原因の一つになる。頭皮を健康な状態に保つことは育毛にとっては重要だが、スカルプケアだけにとどまらず、やはり普段からの規則正しい生活習慣も大切にしたいものだ。

「育毛剤」の主成分でもある「ミノキシジル」を頭皮に塗る頭髪治療法もスカルプケア同様、あくまでも“発毛を助ける薬”のため、それだけに頼るのではなく細胞分裂や成長促進効果がある「ビタミンB群」や酵素の働きなど免疫力を活発にする「亜鉛」といったサプリメントをあわせて摂取することでの育毛サポートの併用がおすすめ。

 またミノキシジルには頭皮への塗り薬だけでなく、“飲み薬”も存在する(フィナステリドと服用することで相乗効果も期待)。ただし、頭髪だけでなく体毛全体の増加につながってしまう懸念点も。「塗り薬より飲み薬のほうが発毛効果は高い」という考え自体は間違っていないが、塗布のみの場合、患部のみの発毛作用だけですみますが、飲めば全身にまでその作用が及んでしまうということも念頭においての服用を。薄毛はゆっくり進行するもので、いわば慢性的な疾患。風邪や怪我といった急性疾患とは違い、考え方としては薬を飲んで“治す”のではなく“いい状態を保つ”糖尿病や高血圧治療に似ているともいえる。

◆「食事の不摂生でハゲる?」・・・・・◎「バランス良い食生活は大事!」

頭髪・薄毛に関するアンケート調査

●栄養バランスが悪い食事をする人は薄毛になりやすいと思う。
【そう思う86.0%、思わない14.0%】

◆「ワカメはハゲに効く?」・・・・・×

頭髪・薄毛に関するアンケート調査

●ワカメなどの海藻類は髪の育成に良いと思う。
【そう思う68.2%、思わない31.8%】

 薄毛対策には「ワカメを食べたらよい」など聞いたことがある人も多いのではないだろうか。その理由にワカメなどの海藻類には髪を形成する成分でもあるミネラルが含まれているからだと考えられるが、実際には効果を実感できるほどの量は、海藻類には含まれていない。髪にとって必要な栄養分であるミネラルやビタミンの摂取はもちろん大切だが、日頃の食事や飲み物が重要。栄養が足りていないと髪に届く栄養が不足してしまう。「発毛には、これを食べたら大丈夫!」とひとつの食材にこだわるのではなく毎日のバランス良い食生活と生活習慣を心がけるのが一番の早道だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。