人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日帰りで行ける!ピーチで行くソウル弾丸美食の旅

2016.10.16

そしていよいよ出発当日。

筆者は仕事を終えてから深夜0時半頃に羽田空港に到着した。ピーチの国際線での搭乗手続き締め切りは便出発50分前。今回の便では午前2時出発なので午前1時10分が締め切りとなる。余裕をもって0時半くらいには空港に到着したいところである。東京モノレール利用の場合は浜松町駅0時1分発の最終列車(空港快速)に乗れば0時15分に羽田空港国際線ビル駅に到着する。また京浜急行利用の場合は品川駅0時4分発に乗れば0時25分に羽田空港国際線ターミナル駅に到着する(土曜・日曜の深夜の場合は品川23時45分発が最終となるので注意。京急蒲田駅で乗り換えが必要)。つまり、仕事を終えてから多くの人は一度自宅に戻ってからでも間に合う時間帯である。一杯飲んでから空港へ向かうこともできるのだ。

羽田空港国際線ターミナル ピーチのチェックインカウンター 羽田空港国際線ターミナル ピーチのチェックインカウンター
羽田空港国際線ターミナル ピーチのチェックインカウンター。便出発2時間前~50分前まで搭乗手続きが可能

筆者は、弾丸日帰りの翌日も午前中から仕事が入っていることもあり自家用車で国際線ターミナルに隣接する駐車場に停めた。駐車場も24時間最大2100円で超過分は1時間300円なので今回旅程の場合は2400円(25時間)もしくは2700円(26時間)で駐車できる。車が使える状況であれば、時間を効率的に使えるので(特に帰国時)おすすめである。

24時半過ぎに国際線ターミナルにあるピーチのチェックインカウンターで搭乗手続きを済ませる。関西国際空港や那覇空港からピーチの国際線を利用する際には自動チェックイン機を使っての手続きとなるが、羽田空港では全て係員のいるチェックインカウンターで搭乗券を発行してもらう。搭乗券を受け取り、保安検査と出国審査を済ませて制限エリアへ。24時を過ぎると多くの免税店は閉まっているが、出国審査場正面の免税店は営業しているほか、お腹が空いていれば24時間営業のフードコートで食事をすることができる。つけめんが有名な人気ラーメン店「六厘舎」も並ばずに食べられる。それ以外では飲み物や雑誌・ガイドブック、薬などが買える売店が空いていた。また両替所も一部開いている。

出国審査場正面の免税店 出国審査場正面の免税店
出国審査場正面の免税店、飲み物や雑誌・薬が買える売店など営業しているお店は深夜の羽田空港は限られている

フードコートは24時間営業
フードコートは24時間営業。ここで遅めの夕食を済ませてから飛行機に乗ることもできる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。