人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ、あの上司はひとりで長々と話し続けるのか?

2016.10.11

■自信がない

 長々と話し続けるのは、自信のなさの現われともいえる。思い描いたとおりに、部下たちが動き、部署の業績も上がり、役員たちからも認められているのであれば、部下を前に虚勢を張る必要はない。自信がないからこそ、言いなりになる部下に話し続けるのだ。「俺は偉い!」「もっと自分に従え!」とでも言いたいのだろう。特にこの10数年、企業の役員の数は減少傾向にあり、管理職で定年を終える人は増えている。そういった意味でも、不満を抱え込む人は増える可能性がある。

■甘い会社

 ここまでは、上司の問題点を紹介してきたが、こういった人物が存在するということは、つまりは、甘い会社であるということの裏返しでもある。管理職の間で昇格をめぐる競争が激しく、非管理職も優秀で、管理職への突き上げが頻繁にあるような会社から、部下を前に長時間話し続けて虚勢を張るようなことはできないはずだ。こういう上司の下にいると、部下の意識も下がり、仕事に対する姿勢も悪くなる。本来は、上司を降格にして、非管理職にするべきだが、そこまでするケースは少ない。甘い会社だからこそ、甘えた管理職が生まれるのだ。

 残念ながら、部下を前に長々と話し続ける管理職に限って、なかなか会社を辞めない。本来なら消えていくべき人材なのだが、ほとんどが定年まで居座り続けて、しっかりと退職金をもらっていく。それに見合う働きをしているならともかく、部下の士気を下げたり、それによって業績に悪影響を及ぼすような人であれば、それこそ淘汰される仕組みを作らないと、会社も組織も人材も育つことはないだろう。

文/吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA/中経出版)。

■連載/あるあるビジネス処方箋

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。