人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.11

電子書籍の読み放題サービス、4人に1人が「利用してみたい」

「Kindle unlimited」に「楽天マガジン」と、定額制で電子書籍が読み放題になる新サービスが相次いで開始された。電子書籍元年と言われる2010年から早くも6年。電子書籍は日本で浸透してきているのだろうか?マクロミルは今回、そんな電子書籍をテーマに調査を行なった。調査は15~69歳の男女を対象に、有効回答数は2890人となった。

e-reader-1213214_960_720

■電子書籍の利用経験者は41%で、若い世代ほど利用経験は高い傾向

電子書籍の認知状況、利用状況を聞いたところ、電子書籍の認知率は97%に上り、利用したことのある人は41%であることがわかった。年代別にみると、10代・20代は54%、30代は56%と30代以下では半数以上に利用経験があるのに対し、40代は40%、50代は33%、60代は23%と、年代があがるにつれて利用経験率が下がった。

電子書籍の認知・利用状況

電子書籍をテーマに調査

電子書籍の認知・利用状況(年代別)

電子書籍をテーマに調査

■最近話題の「電子書籍読み放題サービス」の利用経験者は9%なものの、未経験者の4人に1人は「利用してみたい」

では、8月にAmazon.co.jpや楽天がサービス提供を開始して話題となった「電子書籍読み放題サービス」についてはどうだろうか。「電子書籍」認知者に聞いたところ、51%が何らかの「電子書籍読み放題サービス」を知っていたが、利用経験者はわずか9%であった。しかし、利用未経験者の25%が「利用してみたい」と回答。4人に1人は関心を持っていることがわかった。なお、「電子書籍読み放題サービス」の利用経験者239名に聞いたところ、サービス開始間もないAmazon.co.jpの「Kindle unlimited」、楽天の「楽天マガジン」の利用経験者は、ともに7%であった。

電子書籍読み放題サービスの認知・利用状況

電子書籍をテーマに調査

電子書籍読み放題サービスの利用意向

電子書籍をテーマに調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ