人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.11

2年縛りが解けた『iPhone 6/6 Plus』ユーザーは『iPhone 7』に乗り換えないと損なのか?

<乗り換え手順>

1.各キャリアのマイページでの契約情報を確認

●ドコモ 「My docomo
●au 「お客さまサポート
●ソフトバンク 「My SoftBank

2. MNP予約番号の発行

解約手続きをすませ、MNP予約番号を取得します。MNP予約番号は専用の電話や各ショップにて発行してもらえます。MNP転出事務手数料2000円を支払えば、転出の準備はOK。ドコモはHPからも申し込み可能です。

●ドコモ
ドコモの携帯電話から:「151」(通話無料)
一般電話から:0120-800-000(通話無料)
【受付時間】9:00〜20:00
My docomo

●au
auの携帯電話から:「157」(通話料無料)
一般電話から:0077-75470(通話無料)
【受付時間】9:00〜20:00

●ソフトバンク
ソフトバンクの携帯電話から:「*5533」(通話無料)
一般電話から:0800-100-5533(通話無料)
【受付時間】9:00〜20:00

3.MNP予約番号を入力してMVNOへ申込み

各MVNOのHPもしくは店頭で、申し込み。MNP予約番号以外に必要なものは以下の3点のみ。

・Eメールアドレス
・クレジットカード
・本人確認書類の画像データ

4.申込手続き後は、届いたSIMを差して設定をするだけ

HPから申し込んだ場合は新たなSIMカードが送られてくるので、それが手元に届いたら手持ちのiPhoneにそのSIMを差して、簡単な設定をするだけです。設定方法は同梱の説明書や、各MVNOのHPにて説明があるので、それに従っていけば問題ないでしょう。SIMカードが手元に届くまでスマホが使えなくなるのではという懸念もあるかもしれませんが、SIMが手元に届いてからネットで開通依頼を行なうこともできるので、店舗に足を運ばず、自宅で即日乗り換えもできます。

●まとめ

いかがでしょうか。SIMフリーのスマホしか格安SIMが使えないと思っていたり、スマホを買い替えなくちゃいけないと思っている人もまだ多いのですが、『iPhone 6/6 Plus』 を含め、ドコモの端末であれば、そのままMVNOに乗り換えることが可能です。毎月のランニングコストは大きく下げられますし、2年後にはiPhoneの新機種(iPhone 8?)、しかもSIMフリーモデルが買えるほどの額になります。

また、手持ちの『iPhone 6/6 Plus』を本人ではなく、お子さんなどに譲ってMVNOで格安に運用するのも、家族持ちの方にはおすすめの方法です。

文/呉 政男

bnr_430_60

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。