人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.10

放送作家・小山薫堂さんが語る“手で書くこと”の魅力

これだけデジタルツールが定着している時代にもかかわらず、今もなお多くの人に愛され続けているアナログの筆記具、万年筆。雑誌DIMEの連載「出会えてよかった言葉たち。」でおなじみの放送作家・脚本家の小山薫堂さんも愛用者のひとりだ。万年筆好きが高じて、現在、高級筆記具ブランド「パーカー」のブランドアンバサダーも務めている。そんな小山さんに“手書き”が持つ魅力について話を伺った。

放送作家・小山薫堂氏が語る“手でモノを書くこと”の魅力

――まずは万年筆を使われるようになったきっかけを教えてください

「中学校の入学祝いで親からもらったのが最初の出会いですが、日常的に使い始めたのは、放送作家としてデビューしてから数年たった頃です。デビューしたての時は、いわゆる作家ペンという安いペンを使っていたのですが、ある程度時間が経ってから徐々に愛用したくなりまして。周囲にいる先輩が万年筆を使っているのを見たりすると、かっこいいなと憧れるようになったり」

「例えば、音楽を聴くのにCDばかりに慣れていくと、アナログレコードがかっこよく見えることってあるじゃないですか?あのような感覚に似ていますね。それから使うようになり、今は数本の万年筆を書くテーマや気分などに合わせて使い分けて愛用しています」

――万年筆による手書きの良さとは何でしょうか?

放送作家・小山薫堂氏が語る“手でモノを書くこと”の魅力

「ちょっとした緊張感が生まれて、覚悟みたいなものが出る気がするんです。紙と自分の勝負じゃないですけど。これがPCの場合、何度も書き直したりできるのでもちろん便利なのですが、その反面、アイデアに瞬発力がなかったり、角が丸くなって当たり障りないようなものになることが多い。中にはどんどん磨かれていくということもあるとは思いますが、勢いがなくなる気がするんですよね。万年筆片手に原稿用紙に向き合うと、書きたい!という衝動に掻き立てられるんです。熱が生まれるというか、魂を動かされるというか、呼び覚まされるというか」

「あとメモを手書きでとる場合、全ての内容をそのままメモる人ってなかなかいませんよね。ほとんどの人が要約してメモしていると思うのですが、そのとき自分が感銘を受けたり心動かされたりするものを抽出してメモしていると思うんです。なので、その分、記憶に残りやすいですよね」

――確かにそうですね。手書きをしないと字が汚くなったり、書くスピードも遅くなりますよね。

放送作家・小山薫堂氏が語る“手でモノを書くこと”の魅力

「そうですね。たまに漢字も忘れますよね。どうにか思い出して書いてみても、この漢字、本当にこう書くんだっけ?って心配になったり(笑)。中には、文字の成り立ちみたいなものがわかって、ハッとさせられることもありますね。やっぱり、手書きって個性だと思うんです。例えば、数人で同じ文章を書いたとしても、全員、形や勢いなどが違ってくると思うんです。その時のその人の状態が字に反映されるわけですから、まさに個性ですよね。なので、手紙は自分の字で書いたほうが、自分が出る分、思いは伝わると思いますよ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。