人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

老化にブレーキをかけるために始めたい5つの習慣

2018.03.29

◎まずは腸の大掃除から始めよ

 老化現象にブレーキをかける一番の方法は、“基礎代謝を上げる”ことです。柱は「食事・運動・睡眠」の3つです。

 中でも、まず最初に行なってほしいのが、「腸の大掃除」。長年かけて体内にたまった汚れを取るには、腸内をキレイにするといいのです。誰にでも手軽にできるのは、食生活の改善。キムチ、納豆、ヨーグルトなど発酵食品を今まで以上に多めに摂取してください。ナットウキナーゼや乳酸菌には、整腸作用があることが知られています。また食物繊維の多い野菜や寒天など、それ自体が腸内の掃除をしてくれる食べ物は、毎日少量ずつでも摂り続けることで、効果が表われます。

 腸内がキレイになると、栄養の吸収が良くなり、栄養を運ぶ血管も若返ります。血行が良くなれば、基礎代謝が上がるのです。前ページでチェックした項目のいくつかの不快な症状が解消されるでしょう。

 次に、運動について。基礎代謝を上げるためには、筋力アップと筋力保持が必要です。しかし、仕事で忙しい世代の方が毎日運動を続けようとすると、それ自体がストレスになってしまいます。ストレス解消のために運動ができる人はいいですが、難しい人は、15分程度でできるストレッチを行なうといいでしょう。

 3つ目の柱は睡眠です。睡眠中は、様々な機能を回復しているだけでなく、成長ホルモンが分泌され、筋肉のもとになるタンパク質が合成されています。良質な睡眠が基礎代謝を上げているのです。現代はストレス過多などいろいろな理由で眠れない人が増えています。短時間でも熟睡できるよう、工夫しましょう。

 その他、ちょっとした美意識や振る舞いでも「見た目年齢」は変わります。できることから始めて、心身両面から若返ってください。

《若返り5か条》

●発酵食品で腸の大掃除
若さを保つには、腸をキレイに保つことが不可欠。毎日の食生活に発酵食品を取り入れることで、日々腸内デトックスができる。

●“腹六分目”で健康長寿
メタボ解消には腹八分目。健康長寿には腹六分目が新定番。食事の順番を工夫することで、満腹感を得られるようになる。

●1日15分、継続的に運動を
通勤を利用したウオーキング、自宅やオフィスでできるストレッチなど、長く続けられる簡単な運動であることが大事。

●睡眠時間は“1.5の倍数”
浅いレム睡眠から深い眠りに入る前に起きれば、短くても質の良い睡眠が得られる。眠り足りなければ、20分以内の昼寝でカバー。

●オヤジ臭さを徹底除去
加齢臭・口臭のケアはもはやエチケット。弾力のない肌や肩に落ちたままの抜け毛も、オヤジ度を増すので注意したい。

Rサイエンスクリニック広尾院長
日比野佐和子先生

内科・皮膚科・眼科医、アンチエイジングドクター。大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。現・大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。専門分野は欧米のアンチエイジング医学以外に中医学、ホルモン療法など。フジ『ホンマでっか!?TV』でも活躍。

文/編集部

※記事内の情報は取材時のものです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。