人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.30

初めてコスメカウンターに行く時の5つの心得

一人でもコスメカウンターデビューが迎えられる5つの心得

デパートの一階などに立ち並ぶコスメカウンター。あのたちこめる化粧品や香水の香りに、ビューティーアドバイザー(BA)たちの目に見えない闘いの緊迫したムード…。内心ビビらずにはいられない。いったい、あのコスメカウンター内では何が行なわれているのか、コスメカウンターを一人でデビューするための心構え、店選びのコツを美容のエキスパートに聞いてみた。

■コスメカウンターはなぜ「敷居が高い」のか?

今回話を聞いたのは、美容ライターでコスメコンシェルジュも務める立花ゆうりさんだ。コスメカウンターは常連の彼女に、コスメカウンターの謎について素朴な疑問をぶつけてみた。なぜコスメカウンターは敷居が高いのだろうか?

「おそらく、コスメカウンターには、なんとなく近寄りがたい、試したいアイテムを気軽に試せない、ビューティーアドバイザー(BA)さんに勧められたものを買わされそうで怖い、というようなイメージがあるからではないでしょうか。

それに比べて、身近なドラッグストアやバラエティショップは、自分で簡単にテスターが試せたり、実際に試してみてから買うか買わないかを決められたりするので、いつもとは違う感覚も大きいと思います。

でも、実はコスメカウンターにはうれしいサービスや利点があるんですよ」

■コスメカウンターでは何が行なわれているのか?

一人でもコスメカウンターデビューが迎えられる5つの心得

敷居は高いけれど、うれしいサービスがあるというコスメカウンター。実際、どのようなことが行なわれているのだろうか?

「無料での肌診断や、自分に似合うカラーメイクや美容法、トレンドのメイクなどを教えてもらえます。特に肌の色に合わせたファンデーションカラーや肌の悩みに応じたスキンケアをプロに直接アドバイスしてもらえるのは、とてもありがたいことです。

カウンターでもらえるサンプルを上手く利用して、つけ心地を試してみることもできますよ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。