人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.06

なぜ日本は給料が下がっても勤務時間を短くしたい人が他国より多いのか?

働き方改革が各企業で進められているが、皆さんの会社はいかがだろうか。そもそも日本人は、給料が下がっても勤務時間を短くしたいという人はどれくらいいるのだろうか。ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーが以前、働く人をひきつける「エンプロイヤーブランド(企業魅力度)」を世界共通基準で調査する「ランスタッドアワード2016」を発表しているが、これによると、日本は給与を下げても勤務時間を短くしたいという人が他国と比べて多いことが明らかになった。この調査の調査対象はベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、スイス、イギリス、カナダ、アメリカ、オーストラリア、中国、香港、インド、日本、ニュージーランド、ロシア、シンガポールなど世界25か国・地域。果たして、日本の勤務時間に対する意識は他国と比べて、なぜ違うのか?

tax-468440_960_720

 

■「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」に対しグローバル平均では6.0%が賛同。日本は14.1%で1位

この勤務時間に対する労働者の意識調査では、日本では42.0%が「現状の勤務時間に満足」、さらに42.3%が「高い給与のためなら長く勤務をしたい」と回答している。その一方で、14.1%の回答者は「給与を下げても勤務時間を短くしたい」と回答。これは調査対象である世界の国・地域では最上位の結果となった(グローバル平均6.0%)。

「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」と回答した人に、その理由を尋ねたところ(複数選択可)、「自分自身の時間を増やすため」が75.0%で、グローバル平均の70.0%を5%上回った。一方、その他の「スポーツ、余暇・趣味のため」、「子供と過ごす時間を増やすため」、「通学などの自主学習、トレーニングのため」など、より時間の使い方が具体的である選択肢については、すべてグローバル平均を下回った。より勤務時間を短くし、自分自身の自由な時間を増やしたいと思いつつ、その時間の具体的な時間の使い方が不明確である傾向が垣間見られた。

d4185-29-786018-1

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ