人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性の発想が会社を救う!?キリンがビール工場長に女性を起用した理由

2016.09.27

「男の職場」のイメージが強いビール製造。キリンはそんな既成概念を変え、神戸に日本で初めての「女性ビール工場長」を誕生させた。それだけではない。神奈川県内の湘南工場見学のプロジェクトリーダーも女性を起用。さらには「アルコール度数戦争」の開発者も女性。そんな現場を訪ね、彼女たちにキリン復活の秘策を聞いた。

◎男の職場に女性工場長

 2014年のビール類市場は、キリンビールの「一人負け」に終わった。課税出荷で他社が揃って前年比シェアを上げている中で、2位の座はキープしたものの、前年比1.6ポイント減となってしまったのだ。そのキリンビール復活のカギを握っているのが、主力商品である『一番搾り』だ。

 一般的なビールの製法は、もろみをろ過して最初に流れ出した「一番搾り麦汁」と、一番搾り後のもろみにお湯を注いでエキスを搾り出した「二番搾り麦汁」を混ぜる。しかしキリンビールの一番搾りは、その名のとおり一番搾り麦汁だけを使うという贅沢な製法でつくられている。この〝こだわり〟を、全国に九つあるキリンビールの工場が日々、確実に実現し続けることが、キリンビール復活にもつながる。

 その工場で、〝異変〟が起きた。昨年、神戸工場長に神崎夕紀が就任したのだ。装置産業であるビール製造は、そもそもが「男の職場」といわれてきた。従業員比率でいえば、現在も圧倒的に男性が多い職場だ。そうした中で女性の工場長の誕生は「事件」である。キリンビールにとっても初めてのことだが、日本のビール業界でも初なのだ。

「神戸工場から元気の素を届けたい」と話す神崎工場長。
「神戸工場から元気の素を届けたい」と話す神崎工場長。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。