人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.28

サイクリスト注目!走行情報が映し出されるGarminの近未来型アイウエア『Varia J Vision』

■連載/星野知大のBike&Run快体進書

 すでにアメリカでは発売が開始され、サイクリストの安全&快適性が向上することが期待される近未来アイテム『ガーミン Varia J Vision(バリアジェイ ビジョン)』。日本では、2016年9月28日に発売されることが決定した。

カーナビやスポーツ用ウオッチ、サイクルコンピューターなどをリリースするガーミン社。その新製品はアイウエア(サングラス)に装着することで、同社のサイクルコンピューターや後方レーダー『Varia Jリアビューレーダー』と連動し、走行情報やナビ機能をアイウエアの右もしくは左前方・走行視線の先に映し出す優れものだ。

走行時に視線を落としてサイクルコンピューターなどを確認するのは前方不注意となり危険だが、この『バリアジェイ ビジョン』を使えば、しっかり周囲の状況を確認しながら同時に安全&快適走行に役立つ情報をチェックできる。さらに、後方レーダー『Varia Jリアビューレーダー』の情報を映し出せば、視覚外の後方の情報も前方を見ながら把握できることになる。

サイコン&レーダーからの走行情報が視線の先に映し出される!「ガーミン Varia J Vision」
『バリアジェイ ビジョン』の重量は29.7gと軽量。装着時に重さでストレスを感じることはない

サイコン&レーダーからの走行情報が視線の先に映し出される!「ガーミン Varia J Vision」
ディスプレイ解像度428×240ピクセルで、最大4つの走行情報を映し出すことができる

■“ながら”自転車走行を解消! スマホの着信・メッセージをバイブレーションで通知

 走行時に前方を見た際、視線の少し右か左下にディスプレイがくるので、視界の邪魔にならずに、同時に少し視線を動かすだけで走行情報を確認できる。また、表示情報は『バリアジェイ ビジョン』本体横部分をスワイプして切り替え可能。フル充電状態で約7時間使用でき、防水性も備えているので、走行時間の長いロングライドや自転車旅行にも使うことができる。

 リンクするサイクルコンピューターはガーミン『Edge1000J』『Edge820J』(9月28日発売予定)『Edge520J』『vivoactive J HR』『ForeAthlete 735XTJ』(近日対応予定)。速度やケイデンスなどの基本情報に加え、リンクさせたスマートフォンの着信やメッセージ受信をバイブレーション機能で通知してくれる。

近年、クルマや自転車、歩行者の“ながらスマホ”が問題になっているが、走行中にサイクルコンピューターを見ながら走ることも非常に危険だ。『バリアジェイ ビジョン』は、そんな危険な走行を解消してくれるアイテムになるかもしれない。

サイコン&レーダーからの走行情報が視線の先に映し出される!「ガーミン Varia J Vision」 サイコン&レーダーからの走行情報が視線の先に映し出される!「ガーミン Varia J Vision」
本体サイズは60×19.7×19.8mm。アイウエアの左右どちらにも装着することが可能

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ