人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.24

男女間で結婚したいタイミングや理由にズレが生じるワケ

 秋の結婚式シーズンが始まる。他人の結婚式に出席した時「そろそろ自分も結婚したい」と思った経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセルが一昨年、同社のホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」にて、首都圏・関西在住の20歳から36歳の男女1400名を対象に行なったアンケート調査で、男性と女性ではそのタイミングや理由が大きく違うことがわかった。

彼(彼女)が欲しい、結婚したいと思う(思った)主な理由は?

 自分が「結婚したい」と感じたシチュエーションで、隣にいる相手も「きっと同じ気持ちだろう」と思いがちだが、実は違っているかもしれない。近年、男性と女性の「脳」の構造や使われ方が大きく異なることがわかってきたが、結婚観に対する男女の違いについて浮き彫りになった。

  アンケート結果の女性のランキングを見ると、頭ひとつリードして1位に輝いたのは「子供が欲しいから」という理由だった。甥っ子や姪っ子を見たり、友人の仲睦まじい家庭を見ると、思わず「私も」と、結婚したい気持ちが高まるものだが、他にも周囲の友人が次々と結婚していき、家庭や子供を持ってないのは自分だけ?という不安を感じたとき、結婚したい気持ちへと急激に追い込まれることがあるかもしれない。

  一方、男性のランキングは、「寂しいから」が結婚したい理由のダントツの1位。それを考慮すると、2位の「家族・家庭を持ちたいから」も寂しさの延長線上と思えなくもなさそうで、男性のほうがさみしがり屋であることがわかる結果となった。「今すぐ結婚したい!」と思う女性は、相手の男性を「寂しい気持ち」にさせればいいのかもしれない。一方、結婚したい男性は相手の女性が「子供欲しい!」と思う瞬間をいっぱい作ることがポイントになりそうだ。

PHM12_0835


 続いて「彼(彼女)が欲しい、結婚したいと思う(思った)季節やタイミングを教えてください」という質問をしたところ、上位5つの答えを見てみると「クリスマス」が1位にランクイン。約半数の人がクリスマス前後と答える結果に。クリスマス前後に独り身だったりすると「寂しい」気分になる人も多い。北風が冷たくて外が寒くても、イルミネーションで街は彩られ、澄んだ空気の夜空に幻想的な雰囲気、こんな素敵な季節になると、大切な人といつまでも一緒にいたいと思う気持ちが、どんな季節よりも高まるのは当然かもしれない。

  そのほか、「誕生日」「記念日」「交際をスタートした記念日」「6月」といったキーワードが多く見られた。「6月」は、ジューンブライドのイメージが強いようで、「記念日」というのは結婚願望が高まるきっかけになりそうだ。また、「独り暮らしで体調を崩したとき」「自分の誕生日を迎え、歳を取ったとき」「親の大きな病気が発覚したとき」「ふとひとりの時間を感じた時」など、ちょっとネガティブな回答も見られた。人生に不安を感じたりと心が塞いだときだからこそ、頼れる人が身近にいてほしいのかもしれない。

【調査概要】
表題 :「結婚意識」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2014年3月7日〜11日
有効回答:1374サンプル

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ