人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.23

愛用者に聞く「グラノーラ」を食べる理由

ここ数年、グラノーラの売り上げが伸びている。実際に、朝食で食べている方も多いだろう。マイボイスコムは『グラノーラ』に関するインターネット調査を行ない、1万2009件の回答を集めた。その調査の結果、グラノーラの認知者は7割強で、利用経験者は5割弱、直近1年間の利用者は3割強となった。また、認知者は男性が6割弱、女性が9割で、直近1年間の利用者は男性が2割強、女性が4割となっている。また、グラノーラを食べる理由の上位3位は「おいしい」「栄養バランスがよい」「食物繊維が多い」という結果が出た。

グラノーラの利用頻度は

『グラノーラ』に関するインターネット調査

 シリアル食品の一種のグラノーラ。その認知率は74.2%、食べたことがある人は48.5%、直近1年間に食べた人は31.0%となっている。認知者は男性が6割弱、女性が9割で、食べたことがある男性は3割強、女性は6割強だった。直近1年間に食べた男性は2割強、女性は4割となっている。

グラノーラを食べる場面、食べる理由

 直近1年間にグラノーラを食べた人に、食べる場面を聞いたところ、「朝食代わり」「朝食のメニューの1つとして」「おやつ、間食」が各4割前後で上位となっている。「朝食代わり」「おやつ、間食」は、若年層で多い傾向が見られた。また、グラノーラを食べる理由は、「おいしい」「栄養バランスがよい」「食物繊維が多い」が上位3位となっている。「おいしい」「食物繊維が多い」は、女性が男性を各14ポイント上回った。「おいしい」は低年代層で多く、「食物繊維が多い」「いろいろな素材の組み合わせが楽しめる」は高年代層で多い傾向となっている。

『グラノーラ』に関するインターネット調査

直近1年間に食べたグラノーラ

 直近1年間に食べたグラノーラのタイプは、「市販のもの/固めていないタイプ」が63.3%、「市販のもの/固形タイプ」が44.1%となっている。「市販のもの/固めていないタイプ」は女性、「市販のもの/固形タイプ」は男性で多い傾向となっている。直近1年間に食べた市販のグラノーラは、「フルグラ〔カルビー〕」が50.0%で最も多く、「フルーツグラノラ〔日本ケロッグ〕」「ごろっとグラノーラシリーズ〔日清シスコ〕」が各3割前後で続いた。

d2646-169-740451-2

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ