人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.22

飼い主なら知っておきたい「ペットフード安全法」のこと・後編

ハウスダストとフード中微量元素の特徴解析

015

前編に続いて、フード以外の暴露源の可能性を探るためハウスダストの元素の特徴を比較解析。このグラフでは、青いグラフがドッグフード、赤いグラフがキャットフード、黄色いグラフがハウスダストを示している。

この分析結果では、Cd(カドミウム)、Pb(鉛)はペットフードでも検出されるが、ハウスダストでも高い数値を検出。これについて寶來先生は、「Cd(カドミウム)とPb(鉛)はどちらかというと、ハウスダストが暴露源に大きく寄与しているのではないか?」という見解を述べた。

また、As(ヒ素)はキャットフードとハウスダストが同じぐらいでドッグフードよりも高く、Hg(水銀)はキャットフードが最も高く、ドッグフードとハウスダストは同じぐらいという結果も明らかとなった。

イヌ・ネコの体内濃度比較と暴露との関係解析

017

次に、フードやハウスダストが実際、体に反映されているのかどうかを調べるため、イヌとネコの体内濃度を分析した。

紫色のグラフは肝臓と腎臓と脳に含まれる元素の濃度を足したもので、緑色のグラフはペットフードに含まれる元素の濃度を表している。縦軸はネコとイヌの濃度比を表しており、1のラインよりも上にある場合は、ネコのほうが高く、1のラインより下の場合はイヌのほうが高いということを表している。また、グラフ下に記載された元素記号の色の違いは、黄色がハウスダスト由来の可能性あり、緑色がペットフード由来の可能性あり、白色が今のところ暴露起源は不明、を表している。

この分析結果では、As(ヒ素)やPb(鉛)はイヌよりネコのほうが高く、Cd(カドミウム)はネコよりもイヌのほうが高いという結果が明らかとなった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ