人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.20

人事担当者に聞く“出戻り社員”の受け入れに対する本音

 厚生労働省が発表する有効求人倍率は上昇を続けており、企業の中途採用担当者は応募者の数・質ともに確保が難しくなっている。即戦力採用の必要性や転職に対するイメージが変わってきたことから、一度退職した社員を再雇用する企業も話題に上がるようになった。では、いわゆる"出戻り社員"は増えているのだろうか?

 エン・ジャパンが一昨年、同社が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」上でサイト利用者の392名を対象に行なった「出戻り社員(再雇用)」のアンケート調査によると、出戻り社員(再雇用)の受け入れをしたことがある企業は72%で、採用した目的は「即戦力」「ミスマッチがない」という理由が上位となった。

 また、出戻り社員(再雇用)の受け入れに対する職場の反応は、7割が良好と回答。ポイントは、出戻り社員自身の意識変革にあることもわかった。一方、出戻り社員(再雇用)の受け入れを制度化している企業は9%で、未実施企業は、今後の実施についても否定的だった。

出戻り社員(再雇用)の受け入れをしたことがある企業は72

「出戻り社員(再雇用)」に関するアンケート調査

「出戻り社員(再雇用)」に関するアンケート調査

「貴社では、一度退職した社員を再雇用したことがありますか?」と伺ったところ、72%の人事の方が「(再雇用したことが)ある」と回答した。理由としては、「即戦力を求めていたから」(39%)、「人となりが既に分かっているため安心だから」(38%)の2つが多数を占めた。

「出戻り社員(再雇用)」に関するアンケート調査

「出戻り社員(再雇用)」に関するアンケート調査

再雇用後の職種は85%の企業が、退職前と同職種であると回答しており、具体的には「技術系」(26%)「営業」(25%)が最も多く、「事務」(17%)「専門職」(14%)が続いている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ