人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.17

過去のオリンピックで最も記憶に残っている名シーンTOP5

デジタルマーケティングカンパニーのADDIXが運営する、女性たちの動向やインサイトを探る情報サイト「BWRITE(ブライト)」は、「オリンピックについての意識調査」の結果レポート第2弾を発表した。

オリンピックについての意識調査

■「東京オリンピック」、7割が「楽しみ」と回答。3割超は、「とても楽しみ」!

女性たちは「オリンピック」というものに対して、どんな意識を持っているのだろうか。18歳以上の女性226人に、「オリンピック」が楽しみかどうかを聞いてみた。すると、7割を超える回答者が「とても楽しみ」または「やや楽しみ」と回答した。

オリンピックについての意識調査

2020年開催の「東京オリンピック」については、同じく7割超が「やや/とても楽しみ」と回答している。しかし「とても楽しみ」と答えた割合には違いが見られ、オリンピック全般では約2割のところ、東京オリンピックでは3割超。東京オリンピックについては、他のオリンピックよりも楽しみな度合いが高いようだ。

オリンピックについての意識調査

■楽しみな理由は、理屈ぬきに「日本/東京での開催だから!」が多数

ところで、「楽しみ」な人と「楽しみではない」人、それぞれどういった理由から、そのように考えているのだろうか。回答理由を見てみる。まず、「東京オリンピック」が「楽しみ」な理由について、自由回答を分類・集計してみた。その結果、「日本で開催されるから」が1位、「東京で開催されるから」が2位に。自身にとって身近な場所でオリンピックが開催されることを、理屈ぬきに楽しみにしている女性は少なくないようだ。

オリンピックについての意識調査

3位は「オリンピック競技が直に見られるから」、僅差で4位に「活気づきそうだから/盛り上がりそうだから」が続いている。

■楽しみではない理由、1位「興味がないから」。問題のためイヤになった人も

一方、「楽しみではない」と答えた理由では、「興味がない/自分の生活には関係ない」が1位となった。こう答えた女性は、回答者226人の約10%に当たる22人。世間一般の盛り上がりに同調せず、自分自身の興味や、自身の生活に身近なものにだけ興味を示す女性が、一定の割合で存在しているようだ。

オリンピックについての意識調査

ついで2位に、「エンブレム問題、競技場問題、裏金問題等でテンションが下がった」という声が挙がっている。また、3位には同率で、「オリンピックより震災地への支援や国内の問題解決を優先すべき」「オリンピック開催のために莫大な税金や労力がかかる」という意見も。長年の不況や、次々に起こる大きな自然災害が、オリンピック開催を素直に喜べない気持ちにつながっているようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ