人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットの実力検証

2016.09.17

 このような“自動運転”技術はテスラやメルセデスベンツのものなどが有名だが、現在、競って他の自動車メーカーも開発を推し進めている。メーカーごとに様々な方式と働き方があって、ちょっとわかりにくいところがあるのも否めない。自動運転の定義が官邸のホームページに載っている。定義自体は、アメリカ運輸省の道路交通安全局(NHTSAによるものだ。レベル1からレベル4まであり、2と3との間が決定的に開けている。3では、加速・操舵・制動の全てを基本的にクルマが行ない、ドライバーが運転するのはクルマから要請があった場合のみとなる。つまり、事故を起こした場合にはクルマの責任となる。

 クルマの責任ということは自動車メーカーの製造者責任を問われることになるわけで、法律的にもまだ定められていないことが多い。『セレナ』も、ドライバーは常にハンドルに手を添えてなければならないように、クルマの状況を監視する義務といつでも安全運転ができる態勢になければならない。つまり、事故の際の責任はドライバーにある。

 レベル2と3の違いは決定的だ。完全にクルマに任せることになるレベル3では、技術的な難易度は段違いに上がってくる。例えば、ドイツでは範囲が狭くなったとは言え、アウトバーンに速度無制限区間がある。200km/hを超える速度で追い越し車線を疾走するクルマのハンドルを切ったり、ブレーキを掛けたりすることを万全に行なわなければならないのである。

 スピードだけではない。クルマだけでなく、自転車やバイク、歩行者などがいつ飛び出してくるかわからない、主にアジア圏の大都市などで、どう安全を担保するのか? 新聞やテレビなどでは、レベル1が2になって、同じようなペースで3に到達するかのような報道を見掛けることがあるけれども、1が2になるのと同じペースで2が3になることは絶対にあり得ない。仮に技術的に解決したとしても、法律面での整備など別の課題が立ち塞がる。だから、レベル2まではあくまでも「運転支援」なのであって「自動運転」はレベル3から始まるものだと考えるのが順当なようだ。

 個人的には、自動車メーカーやIT産業などの尽力で、早くレベル3が実現できることを願っている。計り知れないほどのメリットをドライバーと社会にもたらすことになるからだ。もちろん、レベル4も大歓迎だ。レベル4となると「クルマとは何か?」「移動手段の私有とは、どうあるべきか?」という、より深遠な課題について考え直さなければならなくなってくるだろう。

 レベル4は遠い先の話だとして『セレナ』に話を戻してみれば、たとえ“運転支援システム”であるレベル2だとしても、ドライバーの負担軽減で大きな効果を発揮する。だから、日産が主張しているように『セレナ』のようなたくさんの台数が売れるミニバンにこのプロパイロットが搭載された意義は大きい。

 自動運転は株価高騰のためのわかりやすい“燃料”となっているようで、新聞やテレビ、証券業界などの間で言葉だけが一人歩きしている面が強い。まるで、来年にもレベル3や4が実現するかのように煽っているものさえある。中には、「ザ・自動運転車」というクルマが造られるかのような誤解を生みかねない記事やコメントもある。運転の自動化は自動車発展の歴史そのものであるわけで、それは少しずつ段階的に進んできた。

 50歳代の以上のドライバーならば、教習所でエンジン始動の時にチョークレバーを必ず引くべしと習ったことを思い出すだろう。実技科目にも含まれていたが、今では技術の進化によってチョークは自動化され、レバーもクルマから消滅した。これも“自動化”の一つである。

 さらに言えば、オートマチックトランスミッションだってマニュアルトランスミッションに対する自動化だし、もっと昔のドライバーはエンジンの点火時期さえも自分でレバーを調節しながら運転しなければならなかった。これまでのありとあらゆる自動化の集合体が現在のクルマの姿であって、それは現在進行形だ。

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。