人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.17

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットの実力検証

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 フルモデルチェンジした日産のミニバン『セレナ』に試乗した。トヨタの『ノア』『ヴォクシー』と売り上げランキングのトップを争っているだけに今回も力が入っている。実に多くの新趣向、新機軸が盛り込まれているが、注目はやはりミニバンでは世界初を謳う「同一車線自動運転技術“プロパイロット”」だろう。

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか? 新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか?

 プロパイロットの操作もハンドル上のボタンで簡単に行なうことができて、作動状況や警告などは眼の前のメーターパネルに表示されわかりやすい。実際に、横浜近辺の首都高速道路で試したところ、前のクルマを的確に捉え、車間距離を一定に保ちながら、ハンドルも自動的に切って追従していく。

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか?

「おおっ、ついにハンドルを切るところまで自動運転が進んだのか!」

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか?

 そう驚きながら、ハンドルから手を離すと数秒後にメーターパネルに警告が現われた。手放し運転は認められていないのである。軽く手を添えていなければならないのだ。ギュッと強く握らなくても、添えてさえいればセレナがきちんと車線の中央に収まって走ってくれる。

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか? 新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか?

新型『セレナ』の自動運転技術プロパイロットはどこまで"自動"なのか?

 速度は任意に設定できるし、先行車が完全に停止した場合、こちらもそれに合わせて自動的に停止する。先行車が走り出した時には、ハンドル上のレジュームスイッチを押せば、こちらも再び追従運転に入る。高速道路での連続運転や渋滞などで、ドライバーの負担を大幅に軽減してくれる。安全性が大幅に向上する上に、快適性も高まる。おまけに、無駄なスロットルワークがなくなるから燃費だって向上する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ