人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.16

これはスゴい!辻口博啓氏がプロデュースした確チン犯的駄菓子『私のチョコバット』の完成度

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

『勝手に宣伝部長』の連載をしていて、最もうれしいことは原稿に反響があるとき。コラムにはフェイスブックの”いいね”カウンターが付いている。その数が自分が押しただけの1のときもあれば、100を超えることも。当然、多ければ多いほどに喜ばしい。

近々の記事で最多の312“いいね”を獲得したのが『私のチョコバット』のコラム。

確チン犯的お菓子『私のチョコバット』のその後……

日本で一番名前が通っているパティシエ辻口博啓氏が駄菓子界のアベレージヒッター『チョコバット』をプロデュースした神商品だ。

コラムでは、『私のチョコバット』の名称から分かるように辻口氏のアッチのセンスをピックアップ。つまり、新宿2丁目的な感覚の爆発具合を取り上げた。

1、『私のチョコバット』という商品名そのものがあっちのギャグだ。
2、パッケージに描かれた辻口氏のイラストには「私のトッピングだよ!!」の吹き出し。
3、”ラズベリー&ナッツとダブルち・よ・こ・れ・い・と”(原文ママ)と味の説明文がしつこい。
4、ロゴマークの「私の」が金ピカに光っている

過去に2丁目的センスを感じる菓子があっただろうか。特に1は確チン犯と言っても間違いはない。商品企画中に誰も気づかなかったとは言わせないぞ。ネットで話題になることを考慮した上で作り上げた菓子が『私のチョコバット』。

自らプロデュースした菓子でカミングアウトをする試みとしての『私のチョコバット』。

私的な菓子と云える。

味のほうは通常の『チョコバット』(30円)に比べて50円ほど高いだけの価値はある。表面にまぶされたラズベリーチップスとチョコの相性は抜群。カリッと歯ごたえも効く。

「流石は辻口氏」と言いたくなるクオリティの高さ。

確チン犯的お菓子『私のチョコバット』のその後……

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ