人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.14

高温になった車内温度を一番早く下げる方法は?

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、高温になった車内温度を早く下げるにはどうしたら良いのかを検証。その結果をホームページに公開した。今回公開したテスト結果は、夏の駐車後は車内が暑くてしばらく車に乗れないことが多いことから、その温度を下げる最も良い方法を検証したもの。この検証では、同じ車を5台用意し、車内温度が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ違う方法で温度を下げるテストをし、その温度変化の測定を行なったもの。温度計測器は、運転席と助手席の中央、乗員の顔の高さに設置した。

1.ドア開閉 2.冷却スプレー 3.エアコン外気導入 4.エアコン内気循環 5.エアコン+走行

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)

テストでは、エアコンを使わない「ドア開閉(5回)」で47.5℃、「冷却スプレー」で3分後に50.1℃に低下した。エアコンを使用した3パターンのうち最も温度が下がったのは「エアコン(内気循環)」で10分後に27.5℃、「エアコン(外気導入)は10分後に29.5℃、「エアコン+走行」で5分後に28.0℃まで低下した(55℃から約半分の温度)。

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)

検証の結果、「エアコン+走行」が最も早く車内温度を下げることができ、方法としては、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことが最も効率的であることが判明した。なお、車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボードなどに熱が蓄積していて、あまり温度が下がっていないことや、チャイルドシートの表面やベルトの金具で、やけどを負う事例もあるので、十分に注意することが大切だ。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ