人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.03

飼う前に知っておきたい猫の避妊・去勢手術の話

■連載/ペットゥモロー通信

Dr.林のにゃんこの処方箋

避妊・去勢手術についての不安や疑問を解消!

P8270109

通常、避妊手術というとメスの子宮、卵巣を取る手術のことを指し、去勢手術はオスの睾丸を取る手術のことを言います。まれに、オスの手術のことも避妊手術(確かに意味として間違いではありません)という飼い主さんがいて、病院側でメスと思っていざ手術をしようとしたらオスだった…ということがあります。いずれにしろ、猫さんを家族の一員として迎えたときに必ず直面する問題がこの手術なんです。

飼い主さんの思うことには

『健康なのに麻酔をかけて手術するなんてかわいそう・・』
『うちは家の中で飼うから妊娠の心配もないし大丈夫』
『術後に性格が変わっちゃったらいやだわ・・・』
『いったいいつから避妊、去勢手術できるのかしら』

などなど、いろいろな考え方や心配事があるかと思います。今回はそれらの不安や疑問を解決したいと思います。

その1~なぜ手術したほうがいいのでしょう?~

まず過剰繁殖を制限することで、殺処分される猫の数を減らすことができます。平成26年度の猫殺処分数はかなり減ったとはいえ、8万頭をこえています。野良猫が外で産んでしまった数ばかりでなく、予期していなかった妊娠・出産で、飼いきれなくなって捨ててしまうというケースも少なくないでしょう。

猫は多いときは一度に5匹以上、出産することもあります。生まれてくる子猫全てに飼い主を見つけることができないのであれば、予め不妊手術を受けさせるのが不幸な猫の数を減らすことへとつながるのです。

その2~手術することで予防緩和できる病気って?~

避妊、去勢手術を行うことにより、特定の病気を予防緩和することができます。メス猫さんでは「卵巣の腫瘍」「子宮蓄膿症などの子宮疾患」「出産に伴う産科疾患」が予防できます。また、乳がん発生のリスクを下げる効果があります。他にも、未避妊のメス猫さんは一晩中オスを求めて泣き喚いたり、オスを求めて出歩いて交通事故にあう可能性も高くなります。

またテリトリー意識が強いため他の猫と喧嘩したりけがをすることもおおくなります。こういった問題点も緩和できるのです。オス猫さんでは「睾丸の腫瘍」が予防できるほか、ほかのオス猫さんと争うことが少なくなるため、喧嘩による外傷の減少、猫エイズウイルス感染リスクの減少、交通事故死の減少、マーキングの消失などが期待されます。他にも、去勢手術をすることで独特な強い体臭と尿の匂いが緩和されたりします。

これで避妊去勢手術がどれほど重要かはこれでわかっていただけたかと思います。ぜひ子猫さんのうちに手術をしてあげてくださいね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ