人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.09.01

『A3 Sportback e-tron』VS『ゴルフGTE』ヨーロピアンPHEV対決

国内市場で少しずつ存在感を高めるPHEVだが、ドイツから注目の2台が上陸。今回は燃費、走り、実用性、コストパフォーマンスを比較検証してみた。

アウディ『A3 Sportback e-tron』VSフォルクスワーゲン『ゴルフGTE』はたしてその違いは?注目のヨーロピアンPHEV対決

 環境にやさしい次世代のパワーユニットといえば、EV(電気)、HV(ハイブリッド)、FCV(燃料電池)、PHEV(プラグインハイブリッド)などがある。ではこの先、どのユニットが生き残っていくのだろうか。

 今回は最近、有力視されているPHEVの中から、ドイツから上陸したばかりの2車に試乗した。

◎エンジンは同じだが、走りの性格は全くの別物

 PHEVというのは、モーターとエンジンを動力源にして走行するクルマを指す。HVとの違いは家庭用電源などからバッテリーに充電できることや、走行中にエンジンから充電でき、モーター走行が可能なことなどが挙げられる。

 試乗したのは、VW『ゴルフGTE』とアウディ『A3スポーツバック eトロン』。そもそもアウディは、VWの子会社であるため、両社が使用しているメカニカルコンポーネンツは同じ。しかし、乗り比べてみると両車の性格的なすみ分けを確認することができた。「GT」を名乗る『ゴルフ』は、スポーティーな走行を実現するため、『A3』は質の高い走りを追求するために、モーターの動力を利用しているのだ。

 試乗時、満充電状態の『GTE』は、モーターだけで走行可能な距離は50kmを示していた。カタログ値では53.1kmなので妥当な数値だろう。エアコンを作動させると数値は48kmに減少した。『A3』も状況はほぼ同じだったが、こちらは満充電の走行可能距離はカタログ値で52.8km、『ゴルフ』よりやや短い。JC08モードの燃費も『ゴルフ』が23.8km/L、『A3』は23.3km/Lだ。

 2車の走りを比べてみると、どちらもEVモードで40km以上走行できることがわかった。モニター画面に走行可能な距離をグラフィック表示で確認できるのは便利。モーターによる走りは軽快で速い。0→100km/hの加速は両車ともに7秒台を記録した。これは2Lのガソリンターボのスポーツモデル並みの数値。モーター駆動用のバッテリーが消耗し、航続距離が5kmを割ると自動的にエンジンが始動。走りながら充電することもできる。ある程度充電してからEVモードで走れば、ガソリンの消費を抑えることも可能だ。今回、東京からアクアラインを利用して木更津まで往復したが給油量は3Lだった。『GTE』の車両価格は『GTI』の3割増、『A3』は1.8Lの同じく3割増なので、まだ割高感はある。だが、充電できるHVは現実的に見て今後有力な選択肢になる予感がする。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。