人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.31

女性のFacebook離れが進んでいるもうひとつの理由

■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所

女性のFacebook離れが進んでいるもうひとつの理由

 最近、世のアラサー女性のFacebook離れが加速しつつあるようです。実際に、それは本当なのか、周りの女性にヒアリングしてみたところ、確かに自分の好きなものを気軽に並べられるInstagramを活用する女性が増えていたり、文字での自己主張に疲弊している女性が増えているのだとか。

 なぜ、そんなことになっているのか、さらに聞いてみてわかったことが、多くの男性がやりがちな“俺論”アピールが気になって仕方ないからしだいに見ないようになった女性が多いということです。よくネット上にアップされる女性の自撮り写真もウザいと言われますが、それと同レベルでうざいのが、男性の“独り言”なのかもしれません。といっても読んでいて“学ぶ”ものがある独り言もあれば、誰が見てもウザいと感じる独り言もあるのは確かです。その境界線は何なのか、今回は男性の自己顕示欲について触れたいと思います。

■ウザいと思われる日記は“オチ”と“学び”がない!

 まずは、日記のような雑記の投稿について。女性の多くが文章だけを投稿する場合、愚愚痴をアップすることが多いのに対し、男性は仕事で出会ったスゴい人や、友人の素晴らしさ、ちょっと哲学的な気づきなど、女性より比較的、バラエティー豊かな投稿が多いような気がします。

 しかし、そんなバラエティー豊かな男性の雑記の中にも、読んでいて面白いものと自己顕示欲しか感じられないものがあります。では、その違いはどこにあるのでしょうか?

「『俺って、こんなスゴい人と今日会ってたんだぞ!』とか『こんなにスゴい仕事をしてたんだぜ!』というアピールが透けて見えるような投稿は、読んでいてこちらの気持ちが萎えてきますね」(32歳・営業)

「チェックイン投稿って、何のためにあるんでしょうか? この前、男友達が『ドバイにチェックインしました』とだけ投稿していました。思わず、「で?」と突っ込んでしまいました。自慢したいのなら、ちゃんと自慢すればいいし、そうじゃないのならわざわざチェックイン情報だけアップする意味ってないと思いませんか」(31歳・書籍関連)

「割と愚痴っぽい投稿をする人でも、文章にオチや「へぇ」と思わせる雑学的な話が載っていると、面白いと思います。最後に『ホント、どうでもいい話ですいませんでした』などと謝る人もいますが、それも自虐的で個人的には面白いと思います」(28歳・ IT関連)

 こうして話を聞いていると、じつは彼女たち、しっかり読んでるんだ、というのが筆者の感想です。が、しかし、男性の“理由なしチェックイン”投稿にはよく遭遇します。誰かが突っ込んでくれるのを待っているのか、それとも小さく自慢したいのか、そのあたりの心理は、ぜひ一度聞いてみたいものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ