人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.29

イマドキのゆとり社員の“合理的すぎる”飲みニケーション

■連載/ゆとりのトリセツ

可愛い部下、生意気な後輩、できる新人。沸き返る青二才な彼等との接触は、時に骨が折れ、しかし避けて通れない道であります。先輩/上司として、積極的にコミュニケーションを計ろうとするも、満足する反応が後輩から返って来ないぞ、という声をよく耳にいたします。今回は、そんな反応のゆるいイマドキ新人について、当事者でもある筆者がゆるりと綴って参ります。

合理的すぎるイマドキ新人たちとの付き合い方

【イマドキな後輩はノリが悪い?】

同期の集まりには割と盛り上がりを見せるイマドキ達でありますが、どうやら、会社の飲み会には消極的な人が多いようで。

そうと思えば、先輩/上司からの直接の誘いもすり抜けてしまうようであります。また、漸く同じテーブルで酒を飲み交わす事ができたとしても、新人のジョッキの中身がウーロン茶だったり、後輩のお冷やのタイミングがやたら早かったり、そんな経験ありますでしょう?

酔っていくのは自分だけ、向かいでは若干引き気味の目が付き合い程度に微笑んでいる、といった状態ですね。やんわりとアルコールを勧めても「弱いんで」「明日早いんで」なんてのらりくらりと躱されて撃沈。何となく見えない壁を作られている様な気分でありますね。この壁、越えようとするともの凄い拒絶が待っておりますから、止めておきましょう。

さて、一口に後輩/新人といっても、それぞれでありますから例外も当然あります。しかしそれで纏めてしまうとコラムが続きませんので、今まで見聞きして来た同世代達の“ノリ”事情について、大まかに二種類に分けて説明いたします。

【合理的なイマドキの場合(さとり系)】

合理的すぎるイマドキ新人たちとの付き合い方

彼等(男女含む)の場合、まずこの先輩と飲みに行く必要はあるだろうか、というシンプルな自問から始まり、「メリットも無ければデメリットも無い、ならばそれに時間を使う必要はなし、行かん」といった流れで参加の是非を決める節がございます。また、飲みたくない人とは飲まない、というごもっともなケースもありまして、“お付き合い”という言葉は通用いたしません。

自分と仕事関係の距離を、割と遠めに保ちたがりますから、そういった事も彼等のノリに繋がってくるのでしょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ