人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.13

端子、有機EL、FeliCa、『iPhone 7』はどう進化する?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

【スマホ会議】どうなる? 新型『iPhone7』

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は9月発売が予測される、新型『iPhone 7』をテーマに話し合います。

房野氏:そろそろ新しいiPhoneが気になる時期になりましたので、『iPhone 7』という名称になるかどうかも分かりませんが、新しいiPhoneがどうなるか、発売時期なども予想していただきたいと思います。

房野氏
房野氏

石野氏:発売時期は去年と同じじゃないでしょうか。

石野氏
石野氏

石川氏:時期を変える理由はないと思うので、9月第2週発表、翌々週発売くらい。

石川氏
石川氏

法林氏:順当に行くと、9月7日発表、23日発売じゃないかな。

法林氏
法林氏

石野氏:毎年、IFA(Internationale Funkausstellung/国際コンシューマ・エレクトロニクス展。毎年9月にドイツ・ベルリンで開催されるエレクトロニクス製品の展示会)と若干かぶるんですよね。

房野氏:機能的にはどう変わるでしょうか。

石野氏:あまり変わらないといわれていますよね。

法林氏:薄くなるかも。

石川氏:変わらないといわれているけれど、ヘッドホン端子がなくなって薄くなるなら結構大きな変化。よく分かりませんが、基本的なデザインテイストは近いのかな。最近出回った画像も、背面の線はなくなっていたけれどデザインは似通っていて、そんなに驚きはない。

 来年は有機ELディスプレイを採用するといわれているので、今年は控えめな進化というのがネット情報ですね。ここ何年もネット情報が当たっている部分が多々あるので、期待を裏切らない、期待を超えないという意味で、順当なものが出てくるんじゃないのかな。

現行のiPhone 6s
現行の『iPhone 6s』

法林氏:ネット情報は中国のサプライヤーの情報が多いので、情報の確度が高くて、あまり変なネタはない。それより外観以外がどうなるかが気になります。例えば噂の通り256GBモデルが出るのか、16GBがなくなるのか、カメラモジュールが変わるのか。Android勢のカメラはすごく伸びているので、iPhoneもキャッチアップする可能性はある。

iPhone 6sでは光学式手ぶれ補正を採用した
『iPhone 6s』では光学式手ぶれ補正を採用した

石川氏:外観が変わらないと進化感がないので、スペックを強化してくると思います。

iPhone 6ではA9チップを採用
『iPhone 6』ではA9チップを採用

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。