人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.11

なぜ転職回数が増えるほど市場価値はレベルダウンするのか?

■連載/あるあるビジネス処方箋

転職するほどに、レベルダウンするのはなぜ?

明確な考えやキャリア形成のち密な戦略、用意周到な準備もなく、転職を繰り返すと、労働者としての市場価値はレベルダウンする傾向がある。業界ランキングの低い会社や労働条件の悪い会社などに就職せざるを得なくなる。雇う側からすると、転職を繰り返す人を高く評価はしない理由がいくつもある。

今回は、その理由を私の企業取材で得た情報をもとに分析したい。

■「また、辞めるのではないか…」という懸念

 転職を繰り返すと、「また、辞めるのではないか」という懸念を会社の面接官、人事部員、役員などに与える可能性が高い。お金を払い、時間をかけて採用試験を行い、入社後、高い賃金を払い、育成した末に辞める。これでは、採用した側は大きな損をしたことになる。

「すぐに辞める」と想像できる人を入社させるだけの意味や必要性などが、役員会や人事部、現場の管理職などできちんと理解されないと、通常、内定を出すことはしない。結局、業界ランキングの低い会社や、労働条件がいいとはいえない会社の採用試験にエントリーせざるを得なくなる。このタイプの会社ならば、「すぐに辞める」とわかっていても雇うことがある。常に人材難であるからだ。

■受け入れる部署や管理職・役員などが少ない

 役員や人事部などが内定を出そうとしても、現場の管理職や担当役員が「転職回数が多い人は、うちの部署ではいらない」と拒否することがある。この場合は、人事部が内定を出す可能性は低い。

中途採用の場合、現場の部署の管理職や担当役員の考えを人事部や役員会が受け入れる傾向が強い。入社後、その部署に配属される可能性が高いからだ。現場の管理職や担当役員も、転職回数が多い人には「部下として扱いにくい」「チームの輪を乱す」といったイメージをもっていることがある。結局、敷居が低く、入りやすい会社の採用試験を受けざるを得なくなり、レベルダウンしていく。

■敷居の低い会社の社員の質は低い

 採用試験のハードルが低く、入りやすい会社は、社員の定着率が低い傾向がある。社員の意識や仕事のレベルも低く、何かとトラブルが起こりやすい。ここに溶け込むことができれば問題は起きないが、転職を繰り返す人は「こんな人たちと一緒にいたくない」と辞めていく。転職を繰り返す人は、ある意味で意識が高いから、こういう会社に長くいることがなかなかできない。結局、一段とハードルが低く、社員の質がもっと低い会社にしか入れないことになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ