人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.20

電話かけ放題系プラン登場で“格安スマホへの乗り換え”も待ったなし!?

電話かけ放題系プランの登場で“格安スマホへ乗り換え”が待ったなし!?

 スマホを選ぶ時に話題になることが多い、パケット通信容量。「ギガ盛り」サービスや、学割で毎月○○GBプレゼントなど、各社にぎやかにキャンペーンを行っている。

 一方、通話については触れられる機会が正直少なかった。というのも大手キャリアではかけ放題が普通になっていて、通話サービスで差別化できなかったからだ。
 
 それに対して格安スマホは、30秒ごとに課金されるなど、通話代が悩みの種だった。

 だが、もはや実態は異なっている

 格安スマホで“電話かけ放題”サービスが続々と登場しているのをご存知だろうか? 格安スマホの最新トレンドは、“通話も、通信も定額制”なのである。

 通話品質は大手キャリア回線利用で安心。しかも通話も通信もお得な格安スマホ。乗り換えに待ったなしとなってきたようだ。

 でも、「格安スマホは会社が多いから、どこがいいかわからない…」というアナタのために、かけ放題サービスをさらっとおさらいしてみた。

■5分間以内、10分間以内かけ放題が主流

 格安スマホ各社が設定しているかけ放題プランは、大きく分けて以下の3つになっているようだ。

1.5分間以内のかけ放題プラン
2.10分間以内のかけ放題プラン
3.でんわパックタイプ

 そこで、まずは5分間以内のかけ放題プランからみてみよう。代表格は楽天モバイルOCN モバイル ONEFREETELDTIもしもシークスといったところ。

電話かけ放題系プランの登場で“格安スマホへ乗り換え”が待ったなし!?

 このプランの特徴はオプション対応が多いことだ。例えば、楽天モバイルでは「5分かけ放題オプション」と呼び、通話SIMを利用するユーザーが、月額850円の追加オプション設定をすることで、5分までの通話がかけ放題になるサービスを設定している。

 次に、10分間以内のかけ放題プラン。代表格はU-mobile(U-mobile SUPER)、Nifmoだろう。

電話かけ放題系プランの登場で“格安スマホへ乗り換え”が待ったなし!?

 ただし、NifmoはIP電話の仕組みを使ったサービスなので、通話品質はケータイ回線利用と異なるのでご留意を。また、もしもシークスには時間無制限のかけ放題プラン「かけたい放題フル」がある。

 最後に、主流からやや外れてきた感もあるが、でんわパックタイプもかけ放題の一種といえるだろう。例えばU-mobileの「でんわパック60」、BIBLOBEでんわの「通話パック60」などがある。

電話かけ放題系プランの登場で“格安スマホへ乗り換え”が待ったなし!?

 一般的なスマホの通話料は30秒あたり20円という設定なので、60分通話すると2400円かかる計算となる。それが定額で済むというのが売りになっている。

 

bnr_430_60

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ