人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.11

水拭きロボット掃除機『ブラーバ ジェット 240』は人類を雑巾がけから解放するか?

 8月4日、セールス・オンデマンドは、アイロボット社の床拭きロボット掃除機『ブラーバ ジェット 240』を発表した。『ブラーバ ジェット 240』は、水を霧吹きのように床に噴出し、専用のクリーニングパッドを振動させながら汚れを拭き取るのが特徴。

 本体はコンパクトで、家具の隙間やイスの脚まわりなどもくまなく掃除してくれる。清掃可能な広さは最大15畳。これはすでに発売している『ブラーバ380j』(最大56畳)よりも狭いが、キッチンやダイニングといった、しつこい汚れが付きやすい空間をしっかり掃除するために作られた製品ということだ(『ブラーバ380j』も併売される)。販売開始は、8月26日から。公式オンラインストア価格は、2万9880円。

水を噴射する水拭きロボット掃除機『ブラーバ ジェット 240』が人類を雑巾がけから解放する!
アイロボット『ブラーバ ジェット 240』。

水を噴射する水拭きロボット掃除機『ブラーバ ジェット 240』が人類を雑巾がけから解放する!
発表会の冒頭、セールス・オンデマンド代表取締役社長の室﨑肇氏は、「雑巾掛けは日本の伝統的な習慣だが、手間がかかって重労働。ロボットで新たなソリューションを提供したい」と語った。

水を噴射する水拭きロボット掃除機『ブラーバ ジェット 240』が人類を雑巾がけから解放する!
アイロボット社によるスマートホームのビジョンを紹介するCEO兼共同創設者のコリン・アングル氏。ロボット掃除機で培ったマッピングの技術は、IoTの普及を推し進める原動力になるという。

水を噴射する水拭きロボット掃除機『ブラーバ ジェット 240』が人類を雑巾がけから解放する!
スマートホームでは、様々なデバイスと、それをマッピングする技術が必要。人の動きに合わせてエアコンや照明をロボットが自動で操作することも、同社の技術で5年以内に実現できるという。

水を噴射する水拭きロボット掃除機『ブラーバ ジェット 240』が人類を雑巾がけから解放する!
日本におけるロボット掃除機のシェアは15〜20%を占める。3位には2014年発売の『ブラーバ380j』がランクインしている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。