人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.10

女性たちが注目しているリオ五輪出場選手は?

デジタルマーケティングカンパニーのADDIXは、同社が運営する女性たちの動向やインサイトを探る情報サイト「BWRITE(ブライト)」において、去る6月に実施した「オリンピックについての意識調査」の結果レポートを発表した。

オリンピックについての意識調査

まもなく開幕する、リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)。続々と日本代表選手が現地に到着し、盛り上がりを見せている。このオリンピックイヤーにちなみ、BWRITEでは、6月に「オリンピックについての意識調査」を実施。18歳以上の女性226人から回答を得た。結果レポートの1回目は、リオ五輪について。女性たちのリオ五輪への注目度、注目選手や観たい競技などが明らかになった。

リオ五輪の注目選手1位に選ばれたのは「内村航平選手(体操)」。2位は「錦織圭選手(テニス)」、3位は「吉田沙保里選手(レスリング)」という結果に。リオ五輪については「とても/やや楽しみ」が65.0%で、上の年代ほど「とても楽しみ」の割合が高い傾向がみられた。また約7割がリオ五輪を「テレビで観たい」と回答。観たい競技TOP3は「競泳」「体操」「バレーボール」だった。

■リオ五輪の注目選手2位は先日五輪出場を宣言した「錦織圭選手」、1位は

まず、女性たちがリオ五輪で注目している選手について回答してもった。その結果を見ると、上位3位までには、金メダルが狙える実力を持つ選手の名前が並んでいるようだ。ダントツの1位は、体操の内村航平選手。世界選手権で個人総合6連覇中という圧倒的な強さで、このリオ五輪でもっとも金メダルが期待されている選手の1人だ。五輪では、男子個人総合で、北京では銀メダル、ロンドンでは金メダルを獲得しており、五輪での個人総合2連覇も期待されている。内村選手に注目する理由として、その強さと金メダルへの期待の声が多く寄せられている。

2位は、男子テニス世界ランキング6位の錦織圭選手。今年のウィンブルドン選手権を左脇腹痛のため4回戦で途中棄権し、リオ出場が危ぶまれていたが、リオ五輪出場を宣言。錦織選手はアンケートを実施した6月の時点では出場が確定しておらず、その人気ぶりと期待の高さがうかがえる結果ともいえそうだ。

3位は、レスリング女子53kg級代表・吉田沙保里選手。前回のロンドン五輪で五輪3連覇という偉業を成し遂げ、今回金メダルを獲得すれば女子選手としては史上初の五輪での4連覇となる。注目する理由として、4連覇を期待する声のほか、吉田選手の人柄への好感をあげる声も見られるようだ。

オリンピックについての意識調査

【自由回答コメント:抜粋】(注目選手1位〜3位)

<内村航平選手(体操)>
「伝説だと思う。彼の演技と精神力にはとてもひきつけられます。(18〜29歳/専業主婦)」
「他国選手を圧倒して金メダルを獲るのを見たいから。(30代/専業主婦)」
「団体で金メダルを獲れるか?個人で何個メダルを獲るか?(40代以上/フルタイム勤務)」

<錦織圭選手(テニス)>
「今まで成績をしっかり残しているから。(18〜29歳/フルタイム勤務)」
「男子テニスでここまでランキングが上がったことがないので期待していることと、錦織さんのあきらめないプレーが好きだからです。(40代以上/専業主婦)」
「強いしさわやかだから(30代/パート・アルバイト)」

<吉田沙保里選手(レスリング)>
「世界最強と呼び名の高い吉田さんが4度目のオリンピック金メダル連覇が掛かっているので、ぜひとも頑張って欲しいです。そしてまた素敵な笑顔を見せて欲しいです。(40代以上/フルタイム勤務)
「強さと女性らしさ(30代/フルタイム勤務)」
「連覇してほしいから(30代/専業主婦)」

■注目選手4位〜7位にはおなじみの人気選手や期待の若手選手の名前が

4位以下には、メダルが期待される長く愛されているおなじみの選手や、注目の若手選手の名前があがっている。4位は、今回が五輪初出場となる体操日本代表の19歳、白井健三選手。ひねり技を得意としており、体操界のひねり王子という異名も。体操日本代表最年少ながらも、床、跳馬での個人メダル獲得も期待されている。

5位は、4大会連続の五輪出場を決めた、女子バレーボール日本代表の主将・木村沙織選手。女性ファンも多く、昔から好き、かわいいから、といった声も注目する理由としてあがっている。6位には、リオ五輪が4回目の五輪出場となる、卓球の福原愛選手。福原選手に対しても、ファンだから、かわいいから、といった声が理由としてあがっています。ロンドン五輪では、卓球女子団体で銀メダルを獲得し、五輪での日本卓球界史上初のメダルとなった。

7位には、競泳・背泳ぎの入江陵介選手。ロンドン五輪では、100m背泳ぎで銅メダル、200m背泳ぎで銀メダル、男子400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。今回でもメダルが期待されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。