人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.06

IoTの本命はやっぱりコレ?進化し続ける指輪型デバイス

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

あらゆるものがインターネットと接続するIOT(Internet Of Things)のように、世の中が便利になるにつれて、私たちの身の回りにあるモノたちは静かに、それでいて確実に入れ替わってきている。便利なものが登場するのはうれしい限りなのだが、私たちが携帯できるモノの量には限りがあるし、モノが増えるとその管理も大変になってくる。

そんなニーズの解決に繋がるひとつの形が指輪型デバイスではないかと思う。サイズは抑えられるし、指に着けておくのでどこにいってしまったのか探す手間も省くことができる。今回は「ここまで進化した指輪型デバイスたち」と銘うって、指輪型デバイスの現在を紹介していこう。

■出来ることなら使う機会がないことを祈る…『Nimb』

Nimb

『Nimb』は緊急アラートを発信する指輪型のデバイスだ。使い方はいたって簡単で、緊急時に本体内側にあるボタンを押すと、予め登録した相手のスマホにSOS信号とGPSから特定する発信者の居場所を通知する仕組みだ。本体の内側にボタンを設けることで片手でボタンを押すことが可能となっているため、自分を襲ってきた暴漢などに気づかれず、もしくは刺激することなくSOSを求めることができる。

なお、受信者は予めスマホから専用アプリを使って登録しておく仕組みだが、SOS信号を共有するコミュニティというのもあるそうで、不特定多数に信号を発信することで近くの人に駆けつけてもらう、ということも期待できる。ただ、それにはこのデバイスが広く普及してスタンダードな位置付けを築いていないといけないので、現時点での有効度合いは未知数だと思っている。給電は専用の充電器で行い、フル充電で2週間使用できるとのこと。

カラーラインアップはブラックとホワイトが用意されているので、自分の服のレパートリーと合わせると良いだろう。こちらは「Kickstarter」で資金を集めていたが、2016年7月30日にプロジェクトの成功が決定、終了しており、これから製品化される段階だ。なお「Kickstarter」では1台149ドル(約1万5000円)で入手できることになっていた。 現在は「INDIEGOGO」の方に移行して引き続き資金を募っているようだ。


■親指ひとつでPC画面を操作できる『リングマウス2』

リングマウス2 リングマウス2

リングマウス2

『リングマウス2』は「サンワサプライ」から発売されている指輪型のマウスである。円盤状の本体上部に5つのボタンが搭載されており、プレゼンの際のスライド送りだけでなく、カーソル操作、左クリック、右クリックに対応する操作もできるので、例えばPCから離れてた場所でプレゼンをしていて、急にバックアップ資料を表示する必要がある、という場面でも、その場でスクリーンを見ながらPCを遠隔操作することができる。ただでさえ質疑応答なんていうものは想定外の事態で緊張することもあるので、PC操作で慌てなくても済む、というのはそれだけで精神的に助けられる気分になる。

『リングマウス2』はレシーバーをPCのUSBポートに挿すだけで使用でき、ROMによるドライバのインストール等も不要なので、そうしたもののインストールが禁止されている企業のPCでも問題なく使用することが可能だ。給電はMicro USBから充電して行なう。価格は税抜5074円で「サンワダイレクト」ほか、Amazon等からも購入することができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。