人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.08.02

コスパ重視の人におすすめのエイサーのプレミアムノート『Aspire S5 371-A54Q/K』

■連載/一条真人の検証日記

 現在はまさにモバイルノートの時代と言えるかも知れない。これはプロセッサの進化によって、ある程度の処理能力を持つノートパソコンをごく軽量に作れるためだ。最新のインテルのモバイル向け「Core i」プロセッサは高性能でありながら、消費電力が低い。

 さて、台湾メーカーのAcerの『Aspire S5 371-A54Q/K』はそんな「Core i」プロセッサを搭載したモバイルノートPCだ。AcerのノートPCにしては仕上げもよく外観にも力が入っており、高級なクラスの製品であると言え、自身もプレミアムノートPCと言っている。同じく台湾のASUSが『ZenBook』などのプレミアム級のノートPCブランドを持っているのに対して、個人的にはAcerのノートPCにはあまりプレミアム感を感じるようなノートPC製品はなかったので興味を持っていた。

Aspire S5 371-A54Q/K
Acerの最新モバイルノートPC『Aspire S5 371-A54Q/K』。

■外観

 まず、ディスプレイは13インチ。フルHD解像度のIPS液晶だ。発色、コントラストなども悪くない。また、視野も広い。13インチというサイズはモバイルノートPCとしては最大レベルとも言えるが、このサイズのディスプレイを搭載したモバイルノートがもっとも多いのではないかというポピュラーなサイズだ。

 つまり、ディスプレイサイズという面ではあまり攻めていないということになる。本体の厚さは14.58~14.6mmと薄い。そして、その本体重量は1.30kgと13インチディスプレイのモバイルノートPCとしてはごく普通の水準だ。

 しかし、その外観の仕上げは安っぽくはない。その天板と底部はラバー調で、滑りにくく高級感が演出されている。そして、ヒンジ部分はシルバーメタリックで「Aspire S」の文字が刻印されている。Acerは本気でプレミアム的な製品を目指しているようだ。ボディーは軽いが剛性感がある。

 キーボードはモバイル向けなので言うまでもなくテンキーがない。キーストロークは深くはないが十分に実用的にタッチできる。キーピッチも狭くはなく快適にタッチできる。13インチディスプレイを搭載している利点だ。パッドは大型で扱いやすい。プロセッサが高速なせいか、指先の動きにいい感じにレスポンスしてくれる。マウスを接続しなくても、普通に仕事ができる感じだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ