人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.22

もしも部下のゆとりちゃんに恋をしてしまったら?

■連載/ゆとりのトリセツ

アノ娘はとても可愛い。いや、美人というべきか。人当たりがとても良いところも魅力的だ。

束になった長い睫毛に縁取られた大きな黒目に見つめられると、胸が高鳴る。

年甲斐もなく、どうやらアノ新人ちゃんに恋をしてしまったらしい。

しかも片思いではない様だ。アノ娘は楽しそうに話しを聞いてくれるし、一々見つめてくるもんだから、そう考えるのも無理はない。二人きりで飲みに行こうと誘った時だって、ニコニコしながら付いて来たのだから、決定的だろう。

しかし何回目かの飲みの後。アノ娘の態度が一変した。なんていうか、距離を置かれているような気がする。というか実際そうなのだと思う。当たり障りのない会話しかしなくなったし、数人の飲みの席でも離れて座る。

あの時のスキンシップが良くなかったのだろうか。

それとも、アノ娘がゆとりだからか…

部下の“ゆとりちゃん”に恋しちゃったら…本当は怖いゆとり女

よくある話でございます。

きっとどこかの段階で失敗してしまった結果でしょう。しかしソレがどのタイミングだったか、自分が思っているのとは違う可能性もございまして、なんとも恋は面倒なものであります。

その辺の説明と処方箋は他の記事を漁ればあっさり出て参りますから、やたら多い写真と共にお楽しみ下さいませ。こちらでは“女心”をすっ飛ばしまして、一段と現実味溢れるお話をしていきたいと思います。ハラハラしながら一読下さいませ。

■「八方美人の理由」

“そう言えば、アノ娘は誰とでも仲良くしている…。八宝菜の様だ。”

ゆとり(新人)女は職場での生き残りを良く考えております。

自分の一番の武器は愛想と愛嬌で、自分が若いというだけでチヤホヤされているのもしっかり理解しております。大抵のことはニッコリしたり、海苔の様な太眉を寄せれば許されるなんて思っているわけですね。しかしそこに胡座をかいていると、今度は同期やら同性やらの目が恐ろしいし、異性もその内キレるぞと、きっちり頭に入っておりますから、日常的に彼方此方で人口睫毛をはためかせているわけであります。

優遇されても反感を買わないため、というのが建前の裏にあるものでありまして、そういった防衛本能が八方美人にさせるのでございます。

部下の“ゆとりちゃん”に恋しちゃったら…本当は怖いゆとり女

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。