人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.27

日本発の津波防災プロジェクト「#beORANGE」がスタート

 一般社団法人防災ガールは、これまでになかった“海の防災”“津波防災”のあり方を、「オレンジ」をキーカラーに提唱・実現するプロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」を開始した。

日本発の津波防災プロジェクト「#beORANGE」がスタート

 日本の太平洋沿岸・海沿いの地域は、「南海トラフ巨大地震」による津波被害が懸念されている。この「#beORANGE」プロジェクトでは、8月23日に愛知県(田原市)、9月3日・4日に静岡県(下田市)、10月(予定)に高知県(高知市)にて、約100本の「オレンジフラッグ」の掲示を開始する(※各地域のハザードマップ・浸水予測図に基づき、指定の「津波避難ビル」や学校施設・マンション等に設置。期間等の条件は地域により異なる)。

日本発の津波防災プロジェクト「#beORANGE」がスタート

「津波防災」が身近にあれば、人々の避難行動は加速し、二次的な被害を防ぐことに繋がる。この考え方に基づき、「#beORANGE」では各自治体・行政機関・地域の人々に、フラッグの意味を周知し、活用を継続でき、定期的な防災訓練に「津波防災訓練」を容易に導入できる仕組みを構築。「津波防災」の新しいロールモデルとして、他地域への展開する予定だ。

■人々が海と共存し続けるための世界初・日本発の試み

「万里の長城」とも呼ばれる高さ10メートルもの防波堤をつくり、「津波防災の町」として有名だった岩手県田老町(たろうちょう)は、2011年3月、東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた。しかし今、東北・三陸沿岸では再び、総延長400キロもの「巨大防潮堤」が立てられようとしている。「津波の被害が出たら、防波堤を作る」このような対策だけでは、海との共存文化は衰退・人々の防災意識は希薄化し、また同じことが起きうる。

「TSUNAMI」は、いまや世界の共通語。数多くの津波被害に見舞われてきた日本には、率先して「人々が海と共存し続けられる仕組み」を作り、「地域を問わず、どこでも容易に取り入れられる津波防災モデル」として日本全国、そして世界に示していく使命があると考え、同プロジェクトの立ち上げに至ったという。防災ガールではこの新しく、シンプルな津波防災のモデルを、全国、そして世界へと発信していく計画だ。

日本発の津波防災プロジェクト「#beORANGE」がスタート

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。