人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.25

歌って踊れる携帯電話!話題の『ロボホン』何ができる?

■連載/一条真人の検証日記

最近はロボットブームで、様々なロボットが登場している。これは昨年、コミュニケーションロボットとして市販されたソフトバンクの『Pepper』から始まった流れなのだろう。現在、『Pepper』は個人ユーザーよりは会社の受付などの仕事をしている場合が多いようで、よく見かけるようになった。

これに対して、1人に1台のロボットと言えるのが、今年5月に発売されたシャープの『ロボホン』だ。この『ロボホン』は「モバイル型ロボット電話」というジャンル名で携帯電話のように持ち運ぶことができる。

スマートフォンと同じようにモバイルデータ通信機能を持ち、携帯電話のように通話をすることもできる。しかし、メインのユーザーインターフェースは音声だ。これがスマートフォンとの大きな違いであり、“進化”だ。

『ロボホン』は音声でコマンド指示をできるだけでなく、自主的に動くこともある。周囲の音を常に聞いていて、自分の名前が呼ばれたり、コマンドを指示されたと思ったりするのだ。自己紹介を勝手に始めることもある。

また、『ロボホン』は音声入力の指示が理解できないと、両手を広げて、「ハハン?」というようなポーズをしてくる。これは音声入力のコマンドが間違っていたり、意味がわからなかったりしたときのポーズで、ユーザーはそんな時にもう1度、しゃべりかける必要がある。しかし、ときどきユーザーが意図しない音声を勝手に拾って、このポーズをすることもある。

この音声入力は抜群に優れている。ある時、僕は『ロボホン』をバッグに入れていたのだが、別のロボットに他の人が「自己紹介して」と話しかけたところ、そのロボットは無反応だったが、『ロボホン』がバッグのなかで自己紹介を始めたのだ。

パーソナルロボットであるシャープの「ロボホン」。
パーソナルロボットであるシャープの『ロボホン』。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。