人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.24

日本エスニック協会が予想!この夏、流行するエスニック食はコレ

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 エスニック文化や食の普及活動を行っている「日本エスニック協会」が予測した「この夏、絶対に流行するエスニック食ランキング」が、日本最大のサンプリングサイト「サンプル百貨店」が開催する「エスニック女子会」にて発表された。

この夏流行するエスニック食ランキング1位に輝いたのは、タイの絶品カレー「プーパッポンカリー」

 ランキングの発表では日本エスニック協会アンバサダーで、フードアナリストの伊能 すみ子さんが登壇。マレーシアやシンガポールの中華系移民の子孫であるプラナカン文化の民族衣装、クバヤとサロンのスタイルで登場した。

この夏流行するエスニック食ランキング1位に輝いたのは、タイの絶品カレー「プーパッポンカリー」

◆現在のエスニックブームをけん引するのはパクチー、マッサマンカレー、カオマンガイ

「エスニックブームは20年ほど前から始まり、何度かブームが起こっているが、現在のエスニックブームの立役者となったのはパクチー。週半分以上パクチーを食べる人も多い。料理ではなく食材そのものなのでいろいろなアレンジがあり広がりが生まれた。パクチーは腸内環境を整えてくれる食材でもあり、生でいただくのが一番良い。独特な臭いが嫌という人もいるが、慣れてしまうとクセになる。

 パクチーと同時にブームをけん引したのがマッサマンカレー。以前から流行っているがいまだに人気が高い。タイの南部はマレーシアに隣接していることから、ココナツミルクを使った甘めのテイストの料理が多いが、その代表がマッサマンカレー。北部のタイのカレーとは違い、郷土料理のためあまり食べられる機会がなかったが、ネットでランキング入りすることで話題となった。

この夏流行するエスニック食ランキング1位に輝いたのは、タイの絶品カレー「プーパッポンカリー」

 カオマンガイは、タイにある“ピンクのカオマンガイ”として知られる人気専門店「ガイトーン」が2014年に日本に上陸したことが大きい。カオマンガイはチキンエキスのスープで炊いたごはんに、蒸し鶏を添えたものでとても優しい味。それに大豆を原料にしたタオチオソースとチリやジンジャーなどを混ぜたソースをかけて食べる。専門店が起爆剤になって、今では炊飯器で手軽に作れる市販品も発売されている。

 そして女性から熱い視線を浴びているのがココナツオイル。私も今ではゴマ油やオリーブオイルからココナツオイルに切り替わった。甘いほのかな香りはするが、料理に影響するほどの強い香りや風味がないので、使いやすさという点でも便利。腸内環境を整えたり、美肌にもいいとも言われ女性の必需品になりつつある。ミランダ・カーのようなセレブが愛用していることでも有名。

 エスニックブームの背景には、LCCの普及で海外旅行者が増え、現地に行って実際に食べることでおいしさを知った人が増えたこと、カフェなどでもメニュー化され、専門店では定番料理以外のメニューも登場し幅が広がったこと、メーカーから関連商品が発売され、内食として身近に楽しめるようになったことなどが挙げられる」(伊能さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。