人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.20

4人に1人が4K映像を体験しているのに4Kテレビの所有率が1割未満のなぜ

スカパー!では、より多くの人が4K放送を体験できるようにするため、5月から4K画質の風景映像やスポーツシーンの4Kスーパースロー映像などが会員登録なしで視聴できる無料放送(ノンスクランブル)の「スカパー!4K体験」を開局した。また、「スカパー!4K映画」と「スカパー!4K総合」は、放送時間を拡大し、24時間放送を開始。放送を通じて、「一度見ると常識になる」高精細な4K映像を盛り上げていく。

65DX950_slant02

今回、全国の15歳~79歳の男女が4Kテレビなどの所有についてどの程度検討しているのか、また、4K映像でどのようなコンテンツを楽しみたいと考えているのかについて把握するため、「4Kに関する調査2016」を4月30日~5月4日の5日間で、インターネット調査により実施した。

■4人に1人が4Kの視聴を体験済み!半数以上は「4K視聴体験してみたい」

テレビを週に1日以上見ることがある15歳~79歳の男女1000名(全回答者)に、4K映像の視聴体験をしたことがあるか、ない場合は体験してみたいかを聞いたところ、「体験したことがある」は23.7%とおよそ4人に1人の割合となり、「ないが、体験してみたい」は55.8%と半数を超えた。また、最近4Kテレビなどで対応している製品も多くなったHDR規格の映像の視聴体験についても聞いたところ、「体験したことがある」が8.9%、「ないが、体験してみたい」は66.2%となった。

4Kに関する調査2016

次に、≪4Kはフルハイビジョンよりも格段に美しい≫と思うか聞いたところ、『そう思う』が65.3%(「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計、以下同様)となった。4K映像の視聴体験がある人は79.7%が『そう思う』と回答している。4K映像を実際に体験した人、高精細で色鮮やかな映像表現に驚きと感動を覚えたのではないだろうか。

4Kに関する調査2016

また、≪友人が4Kテレビを買ったら、家に遊びに行きたい≫と思うか聞いたところ、遊びに行きたいと思う人が29.1%となった。世代別にみると、10代や20代では遊びに行きたいと思う人の割合(10代44.4%、20代41.0%)が4割を超えた。機会があれば、4K映像を体験してみたいと考えている人が少なくないようだ。

4Kに関する調査2016

■4Kテレビの所有率は1割未満も、「これから欲しい」が5割半

4K対応機器の所有はどの程度進んでいるのだろうか。全回答者に、4K視聴対応機器を持っているか、持っていない場合は欲しいかを聞いたところ、それぞれの機器の所有率(「持っている」の割合、以下同様)は≪4K視聴対応テレビ≫では2.8%、≪4K視聴対応パソコンモニター≫では1.5%、≪4K視聴対応スマホ≫では2.1%となった。また、所有意向率(「持っていないが、欲しいと思う」の割合、以下同様)は≪4K視聴対応テレビ≫では55.2%、≪4K視聴対応パソコンモニター≫では45.7%、≪4K視聴対応スマホ≫では39.0%となった。未だ所有率は1割に満たないものの、テレビは5割半、パソコンモニターは4割半、スマートフォンは4割弱の人に所有意向があるようだ。

4Kに関する調査2016

また、4K撮影対応機器を持っているか聞いたところ、それぞれの機器の所有率は≪4K撮影対応ビデオカメラ≫では0.8%、≪4K撮影対応スマホ≫では8.0%となった。質問した4K対応機器の中では、≪4K撮影対応スマホ≫の所有率が最も高い。世代別に≪4K撮影対応スマホ≫の所有率をみると、10代は16.2%、20代は11.1%と1割を超え、その他の世代よりも高くなった。新しいモデルのスマートフォンに機種変更をしたら、いつの間にか4K撮影に対応していた、という人も多いのでは。

4Kに関する調査2016

さらに、4K撮影対応スマホの所有状況別に≪4K視聴対応テレビ≫の所有率、所有意向率をみると、4K撮影対応スマホを持っている人は所有率が11.3%、所有意向率が66.3%となり、4K撮影対応スマホを持っていない人の所有率(2.1%)、所有意向率(54.2%)に比べて、それぞれ高くなった。スマートフォンで4K画質の写真や映像を撮影しているうちに、撮影した映像を大画面で楽しみたい気持ちになり、4Kテレビの購入を検討したり、実際に購入に至ったりするケースもあったのではないだろうか。4K撮影機能のついたスマートフォンの利用が広まることで、4Kテレビの普及にもつながる可能性がみられた。

4Kに関する調査2016

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。