人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノイズレベルを自在にコントロールできるBOSEの新世代ノイズキャンセリングヘッドホン

2016.07.11

■ノイズキャンセルレベルをコントロールする革新技術とは?

 新発表された『QuietControl 30 wireless headphones』は、従来から”QC”と略されていた頭文字のままに名称を「QuietComfort」から「QuietControl」へと変えている。その理由は、周囲の音をどれだけ取り込むか、手元でコントロールできる新技術を採用したからだ。

『QC30』は12段階の異なるノイズキャンセルレベルを選べるが、これはイヤチップとパッドによるパッシブのノイズキャンセルと、左右合計6個の外向きマイクからの集音でノイズキャンセルのレベルを変える、アクティブコントロールを組合わせて、実現したのだ。

 最低レベルの「AWARE」では高周波数と低周波数にキャンセルをかけ、中間を意味する「Mezzo」ではフラットにアイソレーションしていくという処理を加えている。外部環境に応じた処理を加えていくことが、新世代モデルの特徴になっている。

 ノイズキャンセルヘッドホンの先駆者であり続けるBOSE。38年前にボーズ博士が思い描いたのは、ユーザーの好きな音楽を、静寂の中で、心地よく堪能してもらうことだった。

 騒音に囲まれて暮らす日本人のライフスタイルにも合った製品だけに、ぜひ、その性能のほどを試してみてほしい。

取材・文/折原 一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。オーディオ・ビジュアルをメインフィールドとし、デジタル機器全般の製品記事を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。