人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.11

ノイズレベルを自在にコントロールできるBOSEの新世代ノイズキャンセリングヘッドホン

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線

 ノイズキャンセルヘッドホンの魅力は、周囲の騒音に妨げられずに好きな音楽を楽しめることだろう。

 しかし場合によっては周囲の音が聞こえないと困る時もある。

 そんな不便を解消する、驚きのノイズキャンセルヘッドホンが登場したので、チェックしてみた。

■ノイズキャンセルの発想は、飛行機でのひらめきがきっかけ

 ノイズキャンセル・ヘッドホンの新モデル『QuietComfort 35 wireless headphones』『QuietCotrol 30 wireless headphones』を発表したBOSE。ノイズキャンセルヘッドホン黎明期から技術を手がけるダン・ゲイジャー氏が来日し、本社でBOSEのノイズキャンセル技術の歴史と新製品の技術解説を行なった。

QuietComfort 35 wireless headphones
BOSEの『QuietComfort 35 wireless headphones』は3万7000円(税抜)で発売

QuietControl 30 wireless headphones
『QuietControl 30 wireless headphones』は9月下旬に発売予定

ダン・ゲイジャー氏
BOSE本社でノイズキャンセルヘッドホンの開発を手がけるダン・ゲイジャー氏

 BOSEがノイズキャンセルヘッドホンを始めるきっかけは、1975年、BOSEの創業者であるボーズ博士がスイスのチューリッヒからボストンへと向かう飛行機の機内にあった。

 当時の航空機は従来のチューブタイプのイヤホンからエレクトロニックダイナミックヘッドホンへと、アメニティの切り替え時期だったが、ボーズ博士は従来のチューブタイプの方がノイズ軽減効果が高いと感じていた。

 そこで機内でも静かで明確な音楽を楽しめるHi-Fiイヤホンの概要を思い描き、さらに路程で一気に基本的な計算を行ない、すぐさま開発に取りかかったという。それが同社のノイズキャンセルヘッドホンにつながったのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。