人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.09

快適性能とVRで未来を感じさせるスマホ『GALAXY S7 edge』

■外観

 本体はサイドまでディスプレイが回り込んだエッジスクリーンがデザインのアイデンティティーだが、以前の「edge」シリーズと比べると、本体自体が薄くなったせいか、この傾斜は控えめになった。そのため、エッジ部分の面積はあまり広くない。このエッジ部のカーブのせいで、ややタッチ操作がややしにくいこともあったが、慣れればうまく作業できるのではないかと思う。

 さて、本体はメタリックで、サイドがつや消しである以外はテラテラしている感じで、指紋がややつきやすいという面はあるが、オシャレで好感が持てる。ディスプレイは5.5インチの有機ELで、2560×1440ドットの解像度を持つ。最近は5.5インチでフルHD程度の解像度もモデルも多いので解像感が高い。このディスプレイはコントラスト、発色に優れ、高い表現力を持っていると言える。

 背面を見ると、「Qi」のアイコンがあり、ワイヤレス充電に対応しているのがわかる。ワイヤレス充電は、使ってみると便利だが、搭載するスマホが最近では少なくなっている。「Qi」が好きな人なら、このポイントが気になることだろう。「Qi」の弱点は、高速充電に対応しないことだが、ただ、乗せておけば充電できるアドバンテージはそれをしのぐものがあるのかもしれない。

メタリックな背面。
メタリックな背面。

ホームボタンが物理ボタンで操作しやすい。
ホームボタンが物理ボタンで操作しやすい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。