人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.08

不満を抱えたまま会社に居残り転職できない人の特徴

■連載/あるあるビジネス処方箋

転職する前から「挫折」している人の特徴

 前回、転職を「挫折」ととらえる人がいまだに多いということについて触れた。今回は、不満を抱えたまま、ずるずると会社に残り、いつまでも転職できない人こそ挫折である、という見方について取り上げたい。つまり、転職する力すら持っていないという人を指す。これまでの取材経験で感じ取ったことを元にそれらを紹介したい。

■精神的エネルギーが足りない

 会社を途中で辞めて、新たな仕事を見つけて、そこに移るためには、精神的なエネルギーが必要になる。そもそも中途採用試験ですぐに内定をつかむことができるとは限らない。転職活動が、数か月から1年に及ぶ場合もある。それ以上になることもあるかもしれない。内定を得たとしても、新しい職場でうまくいくとは限らない。それでもなお、転職をする人は確かに「自分の道を切り開こうとするエネルギー」をもっているといえる。

 少なくとも現在の職場に強い不満を持ちながら、たいした実績を残すことなく、だらだらといる人より、エネルギーがあるのではないだろうか。意識も高く、意欲もある。少なくとも、中途採用試験で自分を売り込む経験やスキルなどをもっている。そういった要素がなく、今の職場に残り続け、成果も実績も残すことができない人こそ、今の時代、「挫折」といえるのかもしれない。

■向上心も自己イメージもない

 会社を辞める時、何らかの「自己イメージ」がある。例えば、次のようなものだ。

「こんな職場で自分はけっして終わらない。もっと大きなステージで活躍できるはずだ」
「もっとスポットライトが当たる仕事をしたい。いつまでもこんな地味なところにいたら、ダメだ」

 こういったイメージは、程度の違いはあれ多くの人が持っているものだ。だが、様々な企業や職場を取材していると、そんなイメージすらもっていない人がいることに気づく。20〜30代の社員10人のうち、3〜4人はこのタイプだ。

 こういう人たちはとりあえず、今の会社に残ることが第一の目的になり、そのこと自体が「自己イメージ」となっている。こうなると、会社に残るにしても「挫折」に近いものがある。一体、何のために働いているのか、わかっていないのだ。「お金のため」といえば、それまでかもしれない。だが、将来ある若手社員の頃から、こんな状態だとしたら、それこそ「挫折」だといえるだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ