人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.05

「安い」のはいいけど「安っぽい」のはちょっと……100円のボールペンを使いたがるがっかりおじさん

■連載/文具ソムリエール菅 未里の「誘惑文具」

 安い、というのは素晴らしいことだと思います。安価で素晴らしい文具はたくさんありますし、私も大好きです。いっぱい持ってもいます。

 でも、「安っぽい」のはいかがなものか。というのも、「安い」と「安っぽい」は全然別だからです。

■100円のボールペンを死守…

 みなさんの周りにもいませんか? 100円くらいのボールペンを「死守」している人。

 たとえば、クリップが折れているボールペンを使い続けていたりします。理由を聞くと、「折れたクリップが目印になって他人のものと混ざらないから」などとおっしゃいます。あるいは自分の名前を書いた付箋をセロテープで貼っていたり。そのセロハンテープが汚れてきて、ちょっと不潔な感じなのに、構わず使い続ける…。自分のものだと誇示することで他人にとられたくないらしいのですが、そもそも、そんなボールペンを使いたがる他人がいるのでしょうか。

 私の経験上、なぜか40歳以上のおじさまにばかり目立つ気がするのですが、結構いますよね。そういう「がっかりおじさん」。

 なぜがっかりかというと、安っぽい印象を与えるからです。そして、大人の男性らしい余裕がまったく感じられません。

 がっかりです。

安いのはいい。けれど「安っぽい」のはダメ!100円のボールペンを死守するがっかりおじさん

■「安っぽい」人はモノを大事にしていない

 誤解を招きそうなのでもう一度言いますが、「安い」と「安っぽい」は違います。いえ、むしろ正反対といえるでしょう。

 見方によっては、汚れを承知で名前付きの付箋を巻いてまで安価なボールペンを使い続けるのは、モノを大事にしているといえるかもしれません。でも、私はそうではないと思うのです。

 文具はみな、デザインされています。100円のペンも、100万円の万年筆も、その点では同じです。モノとして完成しているんです。そこに付箋やセロテープを巻くという行為は、デザインを破壊します。つまり、大切にしていないと表現すべきではないでしょうか(100万円の万年筆に付箋を巻きますか?)。

 たとえば、ゼブラ株式会社に「ニューハード」という透明軸のボールペンがあります。税抜き80円です。軸が透明なのでインクが外から見えるのですが、それがとても素敵で、私も大好きです。完成されたデザインです。

 しかし、そこに付箋を巻くとどうでしょうか。せっかくのデザインが台無しです。それは、安っぽい、モノを尊重しない行為だと思うのですが、いかがでしょうか。

安いのはいい。けれど「安っぽい」のはダメ!100円のボールペンを死守するがっかりおじさん

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。