人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.29

海外でこんな時、何と言う?「運転手さん、ちょっと待って!」

慣れていることに不意を突かれることがある。

イギリス生活を始めて間もない、ある暖かい春の日。私が乗ったバスはハイドパークが広々とみえる停留所に止まろうとしていた。

窓の外にみえる公園の余裕ある風景が、私の心を揺さぶっていた。

とっさに正しく呼べますか?ロンドンバスで叫ぶ“ドライバーさん!”

「ま、大した急ぎの用事もなかったよな……」

思いがけず、バスから降りて春の公園の雰囲気を満喫したい気分になっていた。

降車ベルを押していなかった私は、バスが発車する前に席から急いで立ちあがった。

 とっさに正しく呼べますか?ロンドンバスで叫ぶ“ドライバーさん!” とっさに正しく呼べますか?ロンドンバスで叫ぶ“ドライバーさん!”
flickr / commons.wikimedia.com

古い2階建てバスにはドアがなく、いつでも降りることができたが、新型の2階建てバスには、もやはそのようなロマンは許されない。それに、ロンドンには2階建てバスだけがあるわけでない。

運転席にいるドライバーさんへ「ドアを開けてもらえませんか?」と告げなければならないが、その時、思わね言葉の壁にぶつかってしまったのだ。

「おじさん~」

って英語でどう言えばいいのだろう。

“Uncle”は違うだろうし、運転手さんだから“ドライバー(Driver)さん”かな? しかし、これは誰が聞いても生意気に聞こえるだろうし。もしくは、普段よく使う“ここですよー”の意味で、“Here”といえばいいのだろうか?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。