人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホメーカーが作った2-in-1タブレットは機動力が違う!『HUAWEI MateBook』徹底検証【PR】

2016.07.06PR

オータ:狭額縁デザインもそうだよね。完全にシンメトリーなデザインを採用していて、上下左右の額縁がそれぞれ10ミリしかない。12インチのディスプレイを持つWindowsタブレットでここまで狭額縁なのは初めてかも。同じ画面サイズのタブレットの中では、間違いなくトップクラスのコンパクトさだと思う。

画面占有度84%ベゼル幅10mmという、狭額縁デザインを採用。
画面占有度84%ベゼル幅10mmという、狭額縁デザインを採用。12インチと大画面ながらコンパクトで携帯性に優れる。

イシザキ:6.9mmという薄さもまさにスマホ並みだよね。12インチのQHDディスプレイにドルビーオーディオ対応のデュアルスピーカーも搭載しながら、重さが640gというのはすごい。実際に持ってみたら、想像以上に軽くてホント驚いた。

オータ:この軽さで、バッテリーは約9時間の連続駆動、CPUはIntel Core Mシリーズで、たいていの作業はストレスなくこなせる。なんといってもWindows 10搭載なので、キーボードをつなげばPCと同じように使える。持ち歩くのがこれひとつで済むのっていうのは、2-in-1ならではの魅力だよね。

イシザキ:持ち歩く際に気になるセキュリティも、指紋センサーが搭載されているしね。細かいところだけど、指紋センサーが側面にあって自然にタッチしやすいのも、スマートフォンと同じく動きの無駄がなくて、よく考えられていると思ったよ。

オータ:最近では読み取り速度もかなり速くなっているけど、こういう技術がWindowsタブレットにも、しっかりと生かされているのはさすがだね。

指紋センサーは本体側面にあり、自然な動作でタッチすることができる。
指紋センサーは本体側面にあり、自然な動作でタッチすることができる。ワンタッチでパスワード入力なしにロック画面が解除できるのもスマートフォンと同じだ。

イシザキ:狭額縁デザインも、薄さ軽さも、側面の指紋センサーもそうだけど、まさにスマホの技術がつまったWindowsタブレットという感じがするなぁ。

オータ:あと個人的には、付属のACアダプターがスマホ並みに小さいのも、「やっぱりスマホメーカーが作ったWindowsタブレットは違うなぁ」と思ったポイント。

コンパクトで携帯性に優れたUSB-ACアダプターとUSB Type Cケーブルが付属。
コンパクトで携帯性に優れたUSB-ACアダプターとUSB Type Cケーブルが付属。2.5時間でフル充電が可能な急速充電にも対応する。

USB Type C→microUSBケーブル アダプター
ほかに『HUAWEI MateBook』からスマホを充電できるUSB Type C→microUSBケーブルや、USBメモリーなどが接続できるアダプターも付属。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。